マガジン – ページ 3 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マガジン

RALLY CARS vol.14 三菱ギャランVR-4

1993年のニュージーランドで悲願の初勝利を達成したレガシィRSからバトンを引き継いだインプレッサ555は、“量産車”という縛りを逆手にとって、類い希なる戦闘力を発揮しました。グループAという規定のなかで、それを最大限に活かし、金字塔を打ち立てた名車の真実とは……。関係者のインタビューを通じて、当時のストーリーに別の角度から光を当てます。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY CARS vol.13 スバル・インプレッサ555

1993年のニュージーランドで悲願の初勝利を達成したレガシィRSからバトンを引き継いだインプレッサ555は、“量産車”という縛りを逆手にとって、類い希なる戦闘力を発揮しました。グループAという規定のなかで、それを最大限に活かし、金字塔を打ち立てた名車の真実とは……。関係者のインタビューを通じて、当時のストーリーに別の角度から光を当てます。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY PLUS vol.09

2016年の1冊目となる「RALLY PLUS vol.09」では、2106年WRC開幕戦ラリーモンテカルロで見えてきた各チームの体制と戦力分析。そして、2017年WRC復帰に向けてプロジェクトが進むトヨタの最新動向など、現地取材とインタビューにより深く掘り下げた記事を多数掲載しています。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY CARS vol.11 フォードRS200

1986年、グループB規定の最盛期に登場したフォードRS200は、革新的なドライブトレインと理想的な重量配分を武器に、史上最速のラリーカーとなる“はず”でした。時代に翻弄され、歴史の狭間に消えたフォードRS200の真実の姿をお届けします。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY PLUS vol.08

今号では、先日一部の体制が明らかになったトヨタを巻頭で特集! チーム代表を務めるトミ・マキネンの独占単独インタビューは必見です。豊田章男社長の口からWRC復帰の言葉が発せられてから約1年。徐々にではありますが、トヨタWRCプロジェクトの全貌が明らかになっていきます。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY CARS vol.09 アウディ・クワトロ

それまでの“ラリーカーの在り方”を一夜にして塗り替えたアウディ・クワトロ。先入観や常識にとらわれることなく、新たなる時代の扉を開き、4WD、ターボ、アンチラグシステム、ツインクラッチ…… アウディは次々と先進の技術を投入しながらも、最後までフロントエンジンで戦うことをやめませんでした。アウディの誇り、その志したものに迫ります。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY PLUS vol.06

巻頭ではトヨタWRC計画の“今”を特集。明らかになってきたWRC復帰の意図を1・30体制発表会から読み解き、識者たちがプロジェクト成功のためにトヨタは何をなすべきかを語ります。さらに今号では本格的な欧州グラベル連戦に突入した2015WRC前半戦をプレビュー。WRカーのアップデート情報や独占対談企画、今注目のR5総覧などで、トヨタを待つWRCの最新情報を多角的にお伝えします。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入