マガジン – ページ 4 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マガジン

RALLY PLUS vol.05

巻頭特集は2017年のWRC参戦を発表したトヨタ! 1月30日の発表の模様に加え、主要人物に現状と今後の展望などを聞いています。さらに会場で展示されたヤリスWRCテストカーのディテールチェックも掲載。また、WRCワークスチームを率いる4人のボスにも意見を聞いています。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY PLUS vol.04

今号は2014年総集編ということで、各カテゴリーの2014年を総ざらい。WRCはシーズンダイジェストやマシン解説のほか、フォルクスワーゲン・モータースポーツのヨースト・カピート監督インタビュー、さらに、7名の人物の証言をもとに、王者セバスチャン・オジエの素顔に迫ります。また、引退するミッコ・ヒルボネンに現在の心境を聞いたインタビューも掲載。日本での思い出についても言及しています。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY CARS vol.06 スバル・レガシィRS

レガシィRSが誕生したのは、今から25年前のこと。技術者たちの信念が作り上げた一台のセダンはやがて世界を相手に戦うようになりました。ワークスとして参戦したのは実質3年あまり、その間に挙げた勝利はたったのひとつ。“遺産”という名を与えられ、未来を切り拓く原点となったクルマの姿に迫ります。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY PLUS vol.02

今回の特集は近年盛り上がりを見せる全日本ラリー! 今年は新井敏弘や炭山裕矢といった海外参戦組がこぞって参戦。勝田範彦・奴田原文雄の2強時代は終わりを告げるのでしょうか? 第2特集はWRC。フォルクスワーゲン“2019年宣言”の真意やWRCを支える裏方に迫った“WRCの裏側、すべて見せます”など、これまでとは角度の違った企画を掲載しています。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY CARS vol.05 ポルシェ911

今を遡ること50年、産声をあげたポルシェ911はサーキットやロードレース、そしてラリーで様々な栄冠を勝ち獲りその名声を高めていきました。ワークスとしてのラリー参戦こそ少ないものの、多くのプライベーターたちに愛され、サーキットに負けず劣らず多くの911がラリーに参戦しました。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY CARS vol.04 ランサーエボリューション I〜III

1990年代、グループA華やかなりし頃に誕生した三菱ランサーエボリューション。ラリーカーに先駆けて92年に発売されたベース車は、当時驚きを持って迎えられた攻めの外観と高い動力性能が話題となり、瞬く間に限定2500台を売り切り、増産するほどの人気車に。世界を身近に感じさせたランサーエボリューション。三菱黄金期の端緒となり、その後に続く栄光の礎となった第一世代に焦点をあてていきます。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY CARS vol.03 プジョー205T16

グループB真っただ中の1984年。アウディとランチアが覇権を競うなかに登場するや圧倒的な動力性能を見せつけて、真・グループB時代の幕開けを告げたプジョー205T16。まったく新しいグループBマシンの在り方と可能性を示したミッドシップエンジンと4WDシステムの組み合わせは、新たなる勝利の方程式として時代のスタンダードとなり、多くの名車が後に連なることとなりました。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

WRC PLUS vol.04

2013年第11戦フランスにおいて、WRC9連覇王者のセバスチャン・ローブが引退しました。あらゆる路面で速さを見せつけ、何者にも脅かされないほどの強さをもち、すべての記録を塗り替え続けてきた男が、ラリーカーを降りるまでにはどのような思いがあったのでしょうか? 様々な角度から偉大なるチャンピオンの実像を浮き彫りにします。

RALLY CARS vol.02 セリカ・ツインカムターボ

時代は、4輪駆動の優位性が明らかになり始めた80年代初頭。新たに導入されることが決まったグループB規定によって、ラリーカーは飛躍的な進化を遂げようとしていました。メーカー手持ちの量産車で戦うラリーから、勝つために作られたクルマで戦うラリーへと大きく時代が切り返すタイミングで、1台のコンベンショナルなラリーカーが誕生しました。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入