マガジン – ページ 4 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マガジン

RALLY CARS vol.11 フォードRS200

1986年、グループB規定の最盛期に登場したフォードRS200は、革新的なドライブトレインと理想的な重量配分を武器に、史上最速のラリーカーとなる“はず”でした。時代に翻弄され、歴史の狭間に消えたフォードRS200の真実の姿をお届けします。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY PLUS vol.08

今号では、先日一部の体制が明らかになったトヨタを巻頭で特集! チーム代表を務めるトミ・マキネンの独占単独インタビューは必見です。豊田章男社長の口からWRC復帰の言葉が発せられてから約1年。徐々にではありますが、トヨタWRCプロジェクトの全貌が明らかになっていきます。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入
おトクな電子版 全ページプレビュー

RALLY CARS vol.09 アウディ・クワトロ

それまでの“ラリーカーの在り方”を一夜にして塗り替えたアウディ・クワトロ。先入観や常識にとらわれることなく、新たなる時代の扉を開き、4WD、ターボ、アンチラグシステム、ツインクラッチ…… アウディは次々と先進の技術を投入しながらも、最後までフロントエンジンで戦うことをやめませんでした。アウディの誇り、その志したものに迫ります。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY PLUS vol.06

巻頭ではトヨタWRC計画の“今”を特集。明らかになってきたWRC復帰の意図を1・30体制発表会から読み解き、識者たちがプロジェクト成功のためにトヨタは何をなすべきかを語ります。さらに今号では本格的な欧州グラベル連戦に突入した2015WRC前半戦をプレビュー。WRカーのアップデート情報や独占対談企画、今注目のR5総覧などで、トヨタを待つWRCの最新情報を多角的にお伝えします。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY PLUS vol.05

巻頭特集は2017年のWRC参戦を発表したトヨタ! 1月30日の発表の模様に加え、主要人物に現状と今後の展望などを聞いています。さらに会場で展示されたヤリスWRCテストカーのディテールチェックも掲載。また、WRCワークスチームを率いる4人のボスにも意見を聞いています。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY PLUS vol.04

今号は2014年総集編ということで、各カテゴリーの2014年を総ざらい。WRCはシーズンダイジェストやマシン解説のほか、フォルクスワーゲン・モータースポーツのヨースト・カピート監督インタビュー、さらに、7名の人物の証言をもとに、王者セバスチャン・オジエの素顔に迫ります。また、引退するミッコ・ヒルボネンに現在の心境を聞いたインタビューも掲載。日本での思い出についても言及しています。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 

RALLY CARS vol.06 スバル・レガシィRS

レガシィRSが誕生したのは、今から25年前のこと。技術者たちの信念が作り上げた一台のセダンはやがて世界を相手に戦うようになりました。ワークスとして参戦したのは実質3年あまり、その間に挙げた勝利はたったのひとつ。“遺産”という名を与えられ、未来を切り拓く原点となったクルマの姿に迫ります。

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入