RALLY PLUS vol.26:2020 WRC 6カ月ぶり再開/世界に挑んだ日本人 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

RALLY PLUS vol.26:2020 WRC 6カ月ぶり再開/世界に挑んだ日本人

RALLY PLUS vol.26は9月30日発売!

巻頭企画は、残念ながら2021年への延期が決まったラリージャパンについて。高橋浩司運営委員会会長へのインタビューと、幻となった2020年プランについて紹介します。そして、6カ月ぶりにようやく再開したWRC──エストニアでは母国のタナックが完勝、勝田貴元も一時総合5番手を走行するなど活躍を見せました。特集は世界に挑戦した日本人ドライバーの歴史を振り返ります。黎明期を戦った篠塚建次郎から現在WRCに参戦する勝田貴元まで、日本とWRCのヒストリーを紐解きます。

お求めはお近くの書店または三栄書房オフィシャルウェブサイト、インターネット通販などでどうぞ。

ラリプラショップで購入

三栄ウェブサイトで購入 Amazonで購入 おトクな電子書籍版も 全ページプレビューはこちら

無念……
ラリージャパン2020中止

RALLY PLUS

WRCは9月から6カ月ぶりにようやく再開されたが、新しいカレンダーには、ジャパンの文字はない。猛威を奮い、多くのラリーを中止に追い込んだ新型コロナウイルスが、10年ぶりに開催予定だったラリージャパンを呑み込んだ。

BACK ON STAGE!!
2020 WRC 厳戒下で6カ月ぶり再開
母国エストニアで王者タナック完勝

RALLY PLUS

3月のメキシコ以来、沈黙していてた興奮が戻ってきた。シーズン再開の地は、急遽カレンダー入りしたエストニア。FIAが定めた新規則に沿って厳格な感染対策を施しながら国を挙げての支援でいきなり1万人以上もの観客動員も実現。母国の英雄である王者の躍動で、WRCは新たなスタートを切った。

トップレベルを実感した勝田貴元
初めて踏み入れた“全開領域”

RALLY PLUS

第2戦ラリースウェーデン以来のWRC参戦となった勝田貴元。トヨタのワークスドライバー3人とは違い、旧スペックマシンをドライブしたが、SS12終了まで総合5番手につける健闘を見せた。残念ながら、自らのミスによりリタイアに終わったが、たしかな成長と新たな課題を手にした一戦となった──

The Samurai
the Journey to The Challenge
サムライたち、挑戦の道程

RALLY PLUS

篠塚建次郎が耐久ラリーを足がかりに世界に駆け上がった1970年代から、今まさにトップカテゴリーにまで上り詰めた勝田貴元に至るまで、多くの日本人ドライバーがWRCのステージに挑み続けてきた。その壁の高さに、限界の深さに、彼らは何を思ったのか──サムライたち挑戦のヒストリーを紐解いていこう。

2020 JAPANESE RALLY CHAMPIONSHIP
突貫シーズンのタイトル争いは前代未聞の大混戦

RALLY PLUS

新城以降、新型コロナウイルスの感染拡大から中断を余儀なくされた全日本ラリー。その間、キャンセルが相次ぎ、結果的に全4戦のカレンダーへと変更された。激戦が続くJN1クラスにおいて、これまで以上に一戦の重みが増すなか、舗装の京都は鎌田と奴田原によるシーソーバトルが展開。続くシーズンの天王山ラリー北海道では、新井親子が僅差で優勝を争った。

GRヤリス、ついに表舞台へ 20年目の“解”

RALLY PLUS

本誌やRALLY PLUS.netでたびたび記事を掲載してきた“スバル&三菱キラー”最右翼が、2020年9月4日に正式発売となった。試行錯誤と苦心を重ねた自社開発の4WDシステムはすでにスーパー耐久の富士24時間レースで勝利を挙げ、その実力を示した。ラリーをはじめとする国内モータースポーツシーンでも今後、続々と台数は増えていくはずだ。

お求めはお近くの書店または三栄書房オフィシャルウェブサイト、インターネット通販などでどうぞ。

ラリプラショップで購入

三栄ウェブサイトで購入 Amazonで購入 おトクな電子書籍版も 全ページプレビューはこちら

CONTENTS

編集長コラム

無念……
ラリージャパン2020中止

BACK ON STAGE!!
2020 WRC 厳戒下で6カ月ぶり再開

母国エストニアで王者タナック完勝
緊迫するトヨタvsヒュンダイ

トップレベルを実感した勝田貴元
初めて踏み入れた“全開領域”

【現地完全レポート】いかにしてラリーエストニアは開催されたのか?
成功を収めた“ニューノーマル”

INTERVIEW イブ・マトン[ FIA Rally Director]
「パンデミックでも、我々は前進する」

The Samurai
the Journey to The Challenge
サムライたち、挑戦の道程

Chapter 1 勝田貴元インタビュー
「日本人だからダメ、とかはない どれだけやり込めるかだと思う」

Chapter 2 日本人ドライバーの来し方と行く末
頂は見えたか 語られ続けた“待望論”

Chapter 3 スバルがWRCで育てたドライバーたち
SUBARU with Japanese Drivers 熱き想いに背を押され

Chapter 4 テイン・ジュニアチームの奮闘
繋がれた経験

Column 最も身近、されど難関。国際格式ラリーの誘い
Asia-Pacific Rally Championship

Chapter 5 新井敏弘が手にした成果と感じた壁
Toshihiro Arai 頂点から見た、景色

Column 第1期ラリージャパン/ラリー北海道の功績
Rally Japan & Rally Hokkaido

Chapter 6 トヨタ若手育成、成長の過程
TOYOTA GAZOO Racing
WRC CHALLENGE PROGRAM 2015-2019

Chapter 7 全日本を舞台に海外進出を狙う若手
Young Fighters in JRC 世界を求める者たちの決意

Chapter 8 NUTAHARA RALLY SCHOOL ジュニアチームの目標
研鑽、そして継承 海外参戦で得たものを次代につなぐ奴田原文雄の想い

Chapter 9 メーカー視点で見た海外ラリー参戦
クスコ・レーシングの心意気

日本人初・WRCドライバー誕生への期待
2020 JAPANESE RALLY CHAMPIONSHIP
突貫シーズンのタイトル争いは前代未聞の大混戦

ニャオキとヨンカイのホゲホゲ日記 全日本ラリー編

2020 JRC Resuit & Point Standings

GRヤリス、ついに表舞台へ 20年目の“解”

WORLD RALLYNG RECAP

スバル/STI、SUPER GTで2度の3位表彰台 EJ20は、まだやれる!

読者プレゼント

ワールドラリーカレンダー2021先行予約受付中!!