ラップランドの前年勝者ロバンペラ「経験は役立つが大きなアドバンテージにはならない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラップランドの前年勝者ロバンペラ「経験は役立つが大きなアドバンテージにはならない」

©Kalle Parkkinen / Arctic Rally Finland

今季は冬と夏、2回のWRCを開催するフィンランド。今週、その一戦目であるアークティックを前に、フィンランド出身の新鋭、トヨタのカッレ・ロバンペラは、ベースとなるアークティック・ラップランドラリーの知識を持っていることは大きいと語っている。

ロバンペラは、フィンランド選手権の開幕戦として開催されているラップランドラリーで昨年、トヨタ・ヤリスWRCでのデビュー戦を勝利で飾っている。
「またラップランドに参戦できるのはうれしい。ここでのラリーは1度、昨年参戦しているが、ヤリスWRCでの初めてのイベントだった。もちろん、この経験は大いに役立つ。でも、走ったことのないステージや逆方向に走行するステージもあるので、大きなアドバンテージになるとは思わない」とロバンペラ。
「テストで一番の大仕事は、新しいタイヤでのセットアップを決めなくてはならなかったこと。タイヤのスタイルはこれまで自分たちが使っていたものとは違うからね。でも、フィーリングはいい感じになっている。自分的にはいつもよりプレッシャーも感じるけど、それ以上にワクワクしているという感じ。特に、フィンランドのファンは、ほかのラリー以上に自分に注目してくれるだろうからね」

トヨタのチーム代表として2度目のWRCに臨むヤリ‐マティ・ラトバラも「母国ラウンドだし、自分たちのマシンはフィンランドの道で開発してきた。その分、我々にとってはいつもよりも少しプレッシャーを感じるかもしれないね」と語る。
「でも、それをやりこなせる自信はあるよ」
(Graham Lister)

Toyota Gazoo Racing WRT

ワールドラリーカレンダー2021発売中!!