ナチュラルチューニング☆クスコ☆ NATS がロードスターでスーパー耐久に参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ナチュラルチューニング☆クスコ☆ NATS がロードスターでスーパー耐久に参戦

©ICRAFT

2020年、iCraft(監督:猪⽖俊之)は「ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS」として、新たにピレリ・スーパー耐久シリーズに参戦する。

RALLY PLUS

グラスルーツカテゴリーからのステップアップが困難を極める中、マツダファンエンデュランスシリーズ(マツ耐)とロードスターパーティレースIIIのチャンピオンたちがレーシングチームを結成し、上級カテゴリーのスーパー耐久に参戦することとなった。主軸となるA/Bドライバーには女性ドライバーを起用し、また第3戦・富士24時間には全日本ラリー選⼿権で活躍する水原亜利沙を助っ人として招き入れる。なお、参戦にあたっては日本自動車⼤学校(NATS)の⽀援を受け、学生の実習授業を行いながら大きな目標に向けて挑む。

マツダ・ロードスターでエントリーするST-5クラスは、1500cc以下の車両で争われる激戦区。他にもデミオ、フィット、ヴィッツといったコンパクトカーが対象で、多くのユーザーを持つことから、最も身近な応援の対象となりやすいクラスで、年々参加台数を増やしている。

チーム構成
車名:ナチュラルチューニング☆クスコ☆NATS
マシン:マツダロードスター(ND5RC)
参戦クラス:ST-5クラス
監督兼エンジニア:猪爪俊之
Aドライバー:猪爪杏奈(2019年JAF-F4シリーズ5位)
Bドライバー:小松寛子(2019年パーティレース北日本シリーズ2位)
Cドライバー:オカハラタツヤ(2018 年パーティレース東日本シリーズチャンピオン)
Dドライバー:金井亮忠(2018年JAF-F4東日本シリーズチャンピオン)
Eドライバー:松尾康博(2019年富士チャンピオンシリーズロードスターカップチャンピオン)
Fドライバー:水原亜利沙(クスコレーシング、2019年全日本ラリー選手権クラス6シリーズ6位)
トラックエンジニア:辻かずんど

ラリプラメンバーズ2020