WRCドイツ:初日のスーパーSSを終えトヨタの3台は堅調な滑り出し – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCドイツ:初日のスーパーSSを終えトヨタの3台は堅調な滑り出し

©TOYOTA

8月17日(木)、WRC第10戦ラリードイツがドイツ西部で開幕。競技初日に唯一設定されたSS1がザールブリュッケンの市街地コースで行われ、TOYOTA GAZOO Racingのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合6位、ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC)が総合12位、エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC)が総合13位につけた。

今シーズン3回目のターマックイベントとなるラリードイツのデイ1は、ボスタルジーのサービスパークから約50km南に位置するザールブリュッケンで競技がスタートした。市街地に設けられたスーパーSSのコースは全長2.05kmと走行距離は短いが、コンクリートのブロックに囲まれているため小さなミスも許されない。3台のヤリスWRCは揃ってこのステージを慎重に走行し、明日からスタートする本格的な競技に向けて準備を整えた。

トム・ファウラー(チーフ・エンジニア)
「ドライバーはシェイクダウンでクルマの仕上がりに満足していた。ただし、路面が泥に覆われ急激に滑りやすくなっていったので、タイム自体にあまり意味はないと思う。SS1は問題なく走り終えたが、本当の戦いは明日からだ。ラリードイツは、ラリーモンテカルロと同じように路面とタイヤのグリップ力が頻繁に変わるため、その変化の見極めが難しく、準備がとても難しいラリー。また、天気が変わりやすいイベントでもある。どうやら週末の天気はあまり良くないようだ。しかし、ここまでのところ、すべてがうまく進んでいると思う」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ
「午前中のシェイクダウンはとても難しい条件での走行となった。ザールブリュッケンでのスーパーSSも決して簡単ではなく、自分たちが走る前に他の選手のアクシデントを見ていたので、とにかくミスをしないように集中力を高め、クリーンな走りを心がけた。結果的に良い走りができたと思う。ラリードイツは、今シーズンもっとも難しいラリーのひとつになるだろうが、過去には良い思い出もあるので、4位以内でのフィニッシュを目指す」

ユホ・ハンニネン
「クルマは全体的に良いフィーリングだが、朝のシェイクダウンのコースは、大量の泥により舗装された部分が見えないようなところもあり、とても難しく感じた。しかし、実際のラリーでも同じステージの再走などで、似たような路面条件となる可能性が高いため、良い経験になったと思う。今晩のスーパーSSはうまく走ることができた。明日も好位置につけられるよう頑張りたい」

エサペッカ・ラッピ
「フィンランドでの勝利はすでに忘れ、新たなる気持ちで今回のラリーに臨んでいる。シェイクダウンのコースは本当に滑りやすく、細心の注意が必要だった。しかし、あのような悪条件でのターマックの走りかたを知ることもまた重要なので、できるだけ多くの経験を積もうと試みた。ターマックをこのクルマでどのように走るべきなのか、まだ学習中なので、今週末は学びを得ながらの戦いとなるだろう。今晩のスーパーSSでは何も問題なく走れたので、明日も引き続き同じように走りたい」

WRCドイツSS1終了後暫定リザルト
1. ヤン・コペッキー(シュコダ・ファビアR5) 2:05.9
2. オィット・タナック(フォード・フィエスタWRC) +0.3
3. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) +1.3
4. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) +1.9
5. アンドレアス・ミケルセン(シトロエンC3 WRC) +1.9
6. ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +2.2
7. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) +2.4
8. ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +2.5
9. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +2.7
10. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +2.8

12. ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC) +5.3
13. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) +5.3

TOYOTA



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!