東京モーターショーで「レプリカカーコンテスト」実施中 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

東京モーターショーで「レプリカカーコンテスト」実施中

 

東京ビッグサイトで開催中の「第43回東京モーターショー2013」にて、11月30日と12月1日の2日間、「レプリカカーコンテスト」を実施中だ。

このイベントは、東京モーターショーと東京臨海ホールディングスの連携イベントとして開催されている「働くくるま・珍しいくるま大集合」の一環。モータースポーツのレプリカカーのほか、自衛隊車両や警察、消防、首都高速の車両なども展示されており、2011年のモーターショー以来2回目の開催となる。

レプリカカーコンテストは、モーターショーの来場者による人気投票を行なうもの。ラリーやレースのレプリカのほか、実際には存在しないカラーリングを施したオリジナルのマシンもあり、来場者の目を楽しませている。

会場は、りんかい線国際展示場駅から東京ビッグサイトへ徒歩で向かう途中のイーストプロムナード。会場内のゲートには、1985年にツール・ド・コルスで3位に入賞したロスマンズ・ポルシェ911 SC RSグループBの本物が展示されている。

投票〆切は15時までとなっている。モーターショー来場前や帰宅前に、ぜひ投票してみよう。



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018