Mスポーツ・フォード「オィット・タナックの勝利でチームの雰囲気がポジティブに」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ・フォード「オィット・タナックの勝利でチームの雰囲気がポジティブに」

©WRC PROMOTER

WRC第2戦ラリースウェーデンで、オィット・タナックがチーム移籍後、早くも初勝利を挙げたことで、Mスポーツ・フォードのマネージングディレクター、マルコム・ウィルソンは3月16〜19日に開催される次戦ラリーメキシコに向けてチームにポジティブな影響をもたらしていると語った。

タナックは、Mスポーツが製作したフォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1での2戦目で勝利をマークしたことになるが、ウィルソンはそれが現実的に可能だと考えていたという。そしてその効果は、英国ドベンバイホールにあるMスポーツのファクトリー全体に及んでいるというのだ。

WRC PROMOTER

「オィットと最初に契約した時から、勝利のことを考え始めた」とウィルソン。
「彼のような優秀なドライバーを獲得したのだから、そう思うのは当然のこと。もともと、スウェーデンでの優勝は頭にあったのだと思う」

「しかし、モンテカルロの後、オィットがマシンで手を加えたい場所をいくつか特定してきたので、その後は表彰台を目標に考えていた。一朝一夕でマシンを完成させることはできないからね」

「彼とマルティン(ヤルベオヤ、コ・ドライバー)がスウェーデンでやり遂げたことは本当に見事だったし、我々全員がその恩恵を感じている。オィットがチームに戻ってくることを発表した瞬間から、ファクトリー内に電気が走ったような雰囲気が感じられたほど。みんなにセバスチャン・オジエと契約したことや、セバスチャン・ローブが我々のマシンをドライブすることを伝えた時と同じだった。こうしたドライバーは期待される存在であり、スウェーデンでオィットが見せたような成果を挙げると、チームのプライドを感じることができる。自分たちもスウェーデンでそうだった。この感触が、メキシコやシーズンのその先に向けての自信につながったことは間違いない」



RALLY PLUS