スバル、2023年全日本ラリーに「SUBARU RALLY CHALLENGE」チームとして参戦、新井敏弘と鎌田卓麻を起用してWRX S4ベースのマシンを開発 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、2023年全日本ラリーに「SUBARU RALLY CHALLENGE」チームとして参戦、新井敏弘と鎌田卓麻を起用してWRX S4ベースのマシンを開発

©RALLY PLUS

スバルは、1月13日に千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロンで、2023年のモータースポーツ活動計画を発表。全日本ラリー選手権には、「SUBARU RALLY CHALLENGE」として新チームで参戦し、新井敏弘、鎌田卓麻をドライバーに起用する。マシンは、2023年の規定改定により、新たにWRX S4をベースに開発、シーズン途中から投入する。
(以下、発表リリース抜粋)


SUBARU 2023年モータースポーツ活動計画について

SUBARUと同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社は、2023年のモータースポーツ活動についての概要を発表しました。

■全日本ラリー選手権
2023年シーズンは、昨年までの新井敏弘選手、鎌田卓麻選手のチーム運営サポートに加え、車両開発サポートも行い、新井敏弘選手、鎌田卓麻選手とともに「SUBARU RALLY CHALLENGE」チームとして新たな体制で全日本ラリーに参戦します。

RALLY PLUS

車両は、レギュレーションの改定により、新たにWRX S4をベースにした車両をこれまで以上の軽量化を狙って開発を進めており、2023年シーズン途中の投入を予定しています。

FA24型2.4リッター直噴ターボエンジン、スバルグローバルプラットフォームによるベース車の高いポテンシャルを発揮し、シーズンを通してクラス上位入賞を狙います。



ラリーカー・イラストレーションズ stage 03 トヨタ