WRCニュージーランド:オィット・タナック「コンマ秒の差はほとんど意味なし」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCニュージーランド:オィット・タナック「コンマ秒の差はほとんど意味なし」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCラリーニュージーランド、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。不安定な天気となった10年ぶりのニュージーランド。日中サービスなしの金曜日を終えて首位に立ったタナックだが、土曜日も荒れ模様の天気が予報されており、わずか0.2秒のリードはないも同然と冷静に捉えている。

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■オィット・タナック/総合首位
「朝早くから始まり、フィニッシュの時間も遅く、とても長い一日だった。その中でも、かなり安定していた。コンディションは、ひどかったステージもあったが、自分たちにはそう悪くはなかった。午後は大雨に見舞われたが、それ以外はOK。ここの道は本当にドライブが楽しいが、とにかく適切なリズムをつかむのが難しい。うまく乗るためにはマシンに自信を持てなくてはならないし、その部分は間違いなく改善が必要だ。明日の天気はかなり荒れそうなので、このコンマ秒のリードはあまり意味がないと思う」

■ティエリー・ヌービル/総合6番手

Hyundai Motorsport GmbH

「最初の3本はタフで、少し苦戦した。スプリットは良かったが、マシンのリヤに手こずり何度かスピンした。日中のタイヤフィッティングゾーンで対応することができ、デファレンシャルを調整してフィーリングがよくなった。午前はセッティングが固すぎたし、グリップを得るために大きな変更を行うことに慎重になりすぎた。この天候なので、明日はなんらかの形でもっと上位で戦えるチャンスがないか狙う。何が起きても不思議ではないし、失うものはないので、順位を上げるために挑んでいく」

■オリバー・ソルベルグ/総合7番手

Hyundai Motorsport GmbH

「この道をドライブするのは最高だし、素晴らしい経験だ。タフでトリッキーな1日だったが、マシンは良くなっているし、速さも上がっている。午前は必死に頑張ったが、フィーリングをつかむのに苦戦したうえに、パワーやトランスミッションにトラブルを抱えた。午後に向けて気持ちを立て直せる時間が、短いリグループとタイヤフィッティングゾーンしかなかった。天候的には自分たちはすごくアンラッキーで、自分がスタートするたびに雨が降り始めるような感じだったので、明日の走行順は自分たちに運が向いてほしいね! とにかく堅実に、ステップバイステップで進んでいる」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■エルフィン・エバンス/総合2番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「全体として、今日の内容にはかなりハッピー。長いステージが多く走りっぱなしの1日だったが、すごく楽しくもあった。コンディションがチャレンジングな場所もあったが、それ以外ではすごくグリップが得られる感じだったので、かなり大変だった。走行順によってコンディションが激変し、自分たちの走行の時に雨に降られた時もあったが、戦いに残ってこの日を終えられたのはポジティブ。今晩と明日は大雨が予報されているし、ステージは速度が高くなるのでチャレンジングな1日になると思うが、楽しみにしている」

■セバスチャン・オジエ/総合3番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「全体としていい1日だった。ドライビングが楽しかったし、覚悟と自信が必要な高速ラリーでまずまずのペースを出せていたと思う。今日最初のステージからすでに、いいリズムをつかめていたし、午後のワーンガコーストはすごく調子が良くなり始めた。次のステージでは雨がかなり強くなった。ライバルに差をつけられないようにするために、リスクを負わなくてはならないと分かっていたから、攻めて少しワイドになってしまった。リヤウイングを枝で傷つけてしまい、最終ステージをウイングなしで走るのは大変だった。でも、まだ優勝争いに残れているのでうれしいよ」

■カッレ・ロバンペラ/総合4番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「長い1日だったし、かなりいい順位でこの日を終えられて良かった。午前は少し雨が降ったのは良かったが、それでも特に最初のステージはルーズなグラベルが多かったね。ほかの2本はもっとグリップが得られたので、ドライビングを楽しめた。午後のワーンガコーストは乾いていったので、2回目の走行でもかなり砂利掃除を強いられた。次のステージは大雨になって泥だらけになり、トリッキーなコンディションでもプッシュを挑み、タイムを取り戻そうとした。まだ首位とはそれほど離れていないので、満足していいと思う。天気に少し助けられたので、明日も楽しみたい」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■ガス・グリーンスミス/総合5番手

M-SPORT

「午前中からマシンの動きがいいフィーリングはあったから、最初のステージでベストタイムをマークできて本当に良かった。天気がめまぐるしく変わったから、少し混乱した。午後は大雨になって危ない場面もあった。1日を走り切れたのは、すごくラッキー。長い1日だったけど、とてもいい経験ができた」

■クレイグ・ブリーン/SS6でデイリタイア

RALLY PLUS