WRCジャパン:アクシデント続出、波乱の競技2日目を終えてトヨタのエルフィン・エバンスが首位、勝田貴元は5番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCジャパン:アクシデント続出、波乱の競技2日目を終えてトヨタのエルフィン・エバンスが首位、勝田貴元は5番手

©TOYOTA

2022年シーズンWRC第13戦ラリージャパン(ターマック)は、11月11日(金)に競技2日目のSS7までを終えて、トヨタのエルフィン・エバンスが首位に立った。3.0秒差の2番手にヒョンデのティエリー・ヌービル。5.1秒差の3番手にはトヨタのカッレ・ロバンペラが続いた。トヨタの勝田貴元は20.6秒差の5番手につけている。

Toyota Gazoo Racing WRT

競技2日目はSS2〜SS7、サービスパーク東部の稲武エリアに設定された3SSを、午前と午後でループする6SS、130.22km。ラリー最長の1日は朝から青空が広がり、コンディションはドライとなった。主催者が精力的に整備したものの、やはりコーナーには落ち葉が残っている。

オープニングは、多くのクルーが話題に挙げた旧伊勢神トンネルを通過するSS2(23.29㎞)。トップスタートのロバンペラは「アンダーステアがキツくて、最悪のドライビングだった」と語りながらも、2番手のヌービルに1.8秒差のベストタイムを刻んだ。5.5秒差の3番手タイムにエバンス、9.7秒差の4番手にはトランスミッションの不調を訴えるヒョンデのオィット・タナックが入った。

TOYOTA

初日トップタイムをマークしたトヨタのセバスチャン・オジエは、ステージ序盤で痛恨のパンク。後続のクレイグ・ブリーン(Mスポーツ・フォード)にもコース内でパスされ、2分以上のタイムロスとなった。「僕のラリーは終わってしまった……」と語るオジエは、最下位までポジションダウン。この結果、ロバンペラが首位に浮上、1.5秒差の2番手にヌービル、6.1秒差の3番手にエバンスが続く。

Toyota Gazoo Racing WRT

さらに8番手スタートのダニ・ソルド(ヒョンデ)が、スタートから16.1km地点で、右リヤから出火。クルーは退避できたものの、マシンが炎上し、次にスタートしたMスポーツ・フォードのガス・グリーンスミス以降の走行はキャンセルとなった。ヒョンデのチーム代表を務めるジュリアン・モンセは「何よりもクルーが無事だったことが重要だ。出火した右リヤはエキゾーストが配置されているということくらいしか思いつかないが、様々な原因が考えられる。とにかく燃え残った物を分析するしかない」と、肩を落とした。続くSS3もこのアクシデントによるスケジュールの遅延を受けて、キャンセルとなった。このSS2では、WRC2に参戦するカエタン・カエタノビッチもトンネル通過直後にクラッシュしている。

SS4は当初のスケジュールから20分のディレイでスタートし、「簡単なステージじゃないけど、いい走りができた」と振り返ったエバンスが、オジエに4.3秒差、ヌービルに4.6秒差をつけるベストタイム。首位のロバンペラは6.8秒差の6番手タイムと遅れ、この結果ヌービルとエバンスが同タイムで首位に並んだ。以下、0.7秒差の3番手にロバンペラ、9.1秒差の4番手にタナック、15.1秒差の5番手に勝田のオーダーだ。

Hyundai Motorsport GmbH

Mスポーツ・フォード勢は、5番手につけていたブリーンがスタートから9km地点の右コーナーでコースオフ。クルーは無事だったもののマシンのダメージが大きく、デイリタイアを決めた。また、ドライブシャフトに問題を抱えているグリーンスミスもこのステージだけで1分以上のタイムロスを喫している。なおこのステージは、安全上の理由から赤旗が出され、WRC2のブルーノ・ブラシア以降のクルーの走行がキャンセルとなった。

RALLY JAPAN

豊田スタジアムでのサービスを挟んだ、午後のセクション。SS2でのソルドとカエタノビッチのアクシデントを受けて、SS5はトンネルの直前にフィニッシュを変更。走行距離を14.33kmに短縮した。SS4で発生したブリーンのコースオフにより、SS7はキャンセルが決まっている。SS5を制したのはエバンスで、同タイムで首位に並んでいたヌービルに1.1秒差をつけ単独トップに浮上した。

この日の最後を締めくくるSS6は、午前中はキャンセルとなった19.38㎞の「Inabu Dam」。このステージは枯れ葉が多く、エバンスを追うヌービルはペースが上がらない。一方のエバンスはベストのロバンペラに0.3秒差のセカンドベストでまとめ、ヌービルとの差を3.0秒に拡大し、2日目を終えた。「今日は色々あって、まだ4SSしか走っていないけど、タフな1日だった。どのステージでも異なったキャラクターを持っていて、本当に難しかったよ。明日も同じような接戦になるだろうし、このまま気を引き締めていくよ」と、エバンスは落ち着いてコメントした。

5.1秒差の総合3番手はロバンペラ。このステージでハイブリッドがロストしたタナックは、13.9秒差の4番手とトップ争いから一歩後退した。序盤にアンダーステアを訴えていた勝田は、午後に入りセッティングの変更が功を奏し、SS5が5番手タイム、SS6には4番手タイムをマークし、トップのエバンスから20.6秒差の5位につけている。

Hyundai Motorsport GmbH

12日(土)は、サービス南の新城方面の2SSを2ループし、間のサービス前に新城での1SSを挟む。この日は岡崎市の乙川河川敷に設定される1.4kmのショートステージを2回走行して締めくくる。この日のステージ走行距離合計は80.48kmとなっている。

WRCジャパン 暫定結果(SS7終了時点)
1. E.エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 57:18.8
2. T.ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1) +3.0
3. K.ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1) +5.1
4. O.タナック(ヒョンデi20 Nラリー1) +13.9
5. 勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) +20.6
6. G.グリーンスミス(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1) +2:00.4
7. S.パヤリ(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo) +2:21.8
8. T.スニネン(ヒョンデi20 Nラリー2) +2:27.1
9. E.リンドホルム(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo) +2:30.2
10. S.オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1) +2:49.8

RALLY CARS