WRCエストニア:母国ラリーで完敗のタナックにダメ押しのペナルティ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCエストニア:母国ラリーで完敗のタナックにダメ押しのペナルティ

©Hyundai Motorsport GmbH

3度目の母国でのWRC開催となった第7戦ラリーエストニアで、3位フィニッシュに終わったオィット・タナック。優勝したカッレ・ロバンペラ、2位で続いたエルフィン・エバンスのトヨタ勢にまったく太刀打ちができず、ポディウムに上がったとはいえ不満の残る結果となった。

「エストニアのラリーでコンペティティブに戦えなかったのは初めて」と悔しさをにじませるタナックは、ヒョンデi20 Nラリー1のパフォーマンスにも不満を表し、「詳細な部分やテクニカルな部分に対応しなくてはならないことがある。自分たちには強いリーダーが必要」と、アンドレア・アダモの離脱後、チーム代表が不在のまま戦う体制にも難色を示した。

この散々な週末の傷口に塩を塗るかのように、タナックには、パワーステージフィニッシュ後のポディウムとタルトゥ市街地で行われた公式ポディウムセレモニーで公式のピレリキャップを着用していなかったとして、罰金850ポンド(約14万円)、さらに2550ポンド(約42万円)の執行猶予付き罰金が科せられている。
(Graham Lister)



ヘルメットのペイントはじめました!