WRCクロアチア:オジエ「感情がジェットコースターのようだった」デイ3コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCクロアチア:オジエ「感情がジェットコースターのようだった」デイ3コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

クロアチアラリー、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。選手権リーダーのチームメイト、ロバンペラのいきなりのクラッシュに始まり、自身もリエゾンでアクシデントに遭遇するなど様々な出来事のあったなか、今季2勝目をマークしたオジエは波乱の週末を終え安堵を見せた。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位(=)
パワーステージ1位
「今回は感情がまさにジェットコースターのようだった。最も重要なことは、今日のリエゾンで起きた事故で誰も怪我がなかったことだ。あの件では、その点を一番心配していた。あれで自分のラリーが終わってしまったかもしれないとも思ったが、マシンのダメージはそれほどひどくなかったので、続けることができた。まだ勝てる可能性があると確信は持てていなかったが、自分が絶対に諦めない人間であることはみんな知っていると思うし、最後まで戦い続けた。今回、素晴らしい仕事をしたエルフィンの気持ちも重んじたい。特に、今日の午前は強かった。でも、自分たちは今回、いいペースを出せていたし、いくつかのトラブルでスローダウンしたことがあっただけ。またポディウムで1段目と2段目に上がることができたのは、チームにとっても良かった」

■エルフィン・エバンス/総合2位(=)
パワーステージ4位

Toyota Gazoo Racing WRT

「最終ステージを首位で迎えていたので、2位というのは願っていた形でのフィニッシュではない。もちろん、セブはあの最終ステージでものすごく強かったし、残念ながら自分たちは最後のコーナーでミスをしてしまった。悔しいが、でも同時に手堅くリザルトを獲得できたので、チームのためにもとてもいい結果だ。みんな、セブと自分のために週末を通して素晴らしいマシンを用意してくれた。ラリーを通してギリギリの戦いをしてきたし、とても楽しかったよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合3位(=)
パワーステージ3位

Hyundai Motorsport GmbH

「100%ベストを尽くしたし、マシンの限界までハードにプッシュしていた。パワーステージまで、この超接戦を絶対にあきらめなかった。でも、あのステージでジャンクションをオーバーシュートしてしまい、少なくとも3秒をロスしてしまったと思うが、あれがなかったとしても届かなかったと思う。トップとのペースは信じられないほど僅差だった。でも、全力を尽くしたし、このトリッキーなターマックステージでもマシンのフィーリングはとてもよかった。このラリーを楽しめたし、マルティン(ウィダグ、コ・ドライバー)も見事だった。今回はコ・ドライバーにとって簡単ではなかったと思うので、この点はポジティブに捉えなくてはならない」

■オィット・タナック/総合4位(=)
パワーステージ5位

Hyundai Motorsport GmbH

「自分たちのペースは、このラリーで自分たちが期待していたのでも、願っていたものでもなかった。自分はターマックラリーを楽しめるタイプだが、今回は週末を通して自分が余裕を持てるゾーンからはほど遠かった。とにかく自然に感じられなかったし、必要なパフォーマンスのレベルに達していなかった。自分が何かをしなくてはならないことは明らかだが、ティエリーの今回の活躍がせめてもの慰めだ」

■クレイグ・ブリーン/総合8位(=)
パワーステージ2位

Hyundai Motorsport GmbH

「全体として残念な週末だった。土曜日午前、最初のステージをスタートしてたった100mでのパンクで、ほぼゲームオーバーになった感じ。ここのトリッキーなステージで150%で攻めるのは難しい。マシンの中で余裕を感じられるように頑張ったが、うまくいかなかった。いいフィーリングを感じる時もあったし、パワーステージのようにプッシュできる場面もあったが、全体としてもっと改善することが必要だ。それでもこのラリーをエンジョイできたし、たくさんのことを学べた。間違いなくたくさん引き出しが増えたと思うよ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■アドリアン・フルモー/総合5位(=)
「今回の自分たちの内容には本当にハッピーだし、とにかくラリーが終わってしまったことだけが残念! クロアチアの道は超チャレンジングだったが、1km1kmを楽しむことができたし、このステージでこのマシンをドライブすることで、たくさんの喜びを感じられた。週末を通していい速さを見せられたし、正直、予想以上にポジティブなことがたくさんあった。ペースは格段に良くなったし、掲げていた目標以上のことを達することができた。チームのひとりひとりに心から感謝したい。そして、Mスポーツとレッドブルがこの最高のチャンスを与えてくれたことを、本当にうれしく思う。そして、この4年間、自分を支えてくれたみんなにも感謝しているよ」

■ガス・グリーンスミス/総合7位(↓)

M-SPORT

「週末のほとんどはかなりポジティブだったし、モンテからここまで立ち直れたことが本当にうれしい。まだやるべきことはたくさんあるが、進むべき道が明確に見えているし、すべて順調に進んでいるようにも思う。今日は6位を維持できる自信がかなりあったので、午前のテクニカルトラブルで順位を落としてしまったことが本当に残念。でも、全体としては週末を本当に楽しめたし、次のポルトガルは好きなイベントのひとつなので楽しみにしている」

RALLY PLUS