WRCポルトガル:エバンス「最速ではなかったかもしれないがペースも安定感もあった」デイ3コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:エバンス「最速ではなかったかもしれないがペースも安定感もあった」デイ3コメント集

©Jaanus Ree/Red Bull Content Pool

ラリーポルトガル、ラリー終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。前戦クロアチアでは、最終ステージで逆転され今季初優勝を逃していたエバンス。波乱の展開となった今季初のグラベルラリーで、速さと安定感で抜群のバランスを披露した末に手にした勝利に満足を見せた。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エルフィン・エバンス/総合優勝(=)
パワーステージ5位
「優勝という形でラリーを締めくくることができたのは、もちろん素晴らしい。この週末はすべてが順風満帆というわけではなかったし、本当に最速だったクルーは自分たちではなかったかもしれない。それでも、自分たちはいいペースを出していて、パフォーマンスも全体的にかなり安定していた。最終日の午前は、2番手との差がそれほど大きくないことは分かっていたので、全力で挑まなくてはならなかった。その結果、いいタイムも出してアドバンテージを少し大きくすることができた。クロアチアで優勝を逃したのは本当に辛かったので、今回は比較的小さなドラマだけで走り切れてよかった」

■セバスチャン・オジエ/総合3位(=)
パワーステージ3位

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日は確実に3位に入ること、パワーステージでボーナスポイントを獲得することに専念した。(パワーステージで)マキシマムポイントは得られなかったが、ゼロで終わるより3ポイントでも獲得できた方がもちろんいいし、合計で18ポイントはポジティブな結果だ。優勝争いができなかったのはうれしくはないが、選手権首位でこのイベントを迎えて先頭走行でステージを走らなければならないので想定内と言えるし、できる限りのことはした。次のサルディニアもまた厳しい戦いになると思うが、努力を続けてペースの改善に努めていかなくてはならない。毎戦、確実にポイントを積み重ねていくことが、選手権争いでの前進だ」

■カッレ・ロバンペラ/総合22位(↑)
パワーステージ4位

Toyota Gazoo Racing WRT

「この週末は自分にとっては残念な結果になった。多くの問題に見舞われ、多くのポイントを獲得するチャンスを失ったが、ラリーではそんな時もあるし、次の戦いに向けて前進するしかない。最終日は最初のループステージで、次のラリーに向けてのセッティングを試すチャンスになった。パワーステージでは、自分が残していたタイヤのコンディションは、ほかのドライバーに比べてあまり良くなかったが、できる限りのプッシュをして2ポイントを獲得できたのでよかった。手持ちのタイヤでは、あれが精いっぱいのタイムだった」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ダニ・ソルド/総合2位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「ラリーポルトガルで2位というポジションに戻れて、とてもハッピー。もちろん、同時にエルフィンに追いつけず優勝できなかったのは少し残念だが、今日は彼の方が速かった。速い人が勝つ、当然だ。このラリーをフィニッシュしてマニュファクチャラーズ選手権ポイントを獲得したことが重要だし、ボルハ(ロザダ、コ・ドライバー)と初めて組んで参戦したWRCで初ポディウムを経験できたこともうれしい」

■オィット・タナック/総合21位(↑)
パワーステージ1位

Hyundai Motorsport GmbH

「パワーステージで、昨日のようなペースをまた出すことができてすごくいい気分。土曜日の午前以降、自分たちはこれまでのような感触を取り戻し始めた。ポジティブに考えれば、ペースは確実によくなっている。たくさんの人が関わってたくさんの努力を費やした、長く厳しい仕事だった。久しぶりのグラベルラリーだったので、自分にはこのマシンでのグラベルでの経験があまりない。まだ学んだり理解しなくてはならないことがある。できれば、もうこれらが一体として使えるようになりたいね。シーズンのこの先に向けて、フィーリングを得られている。必死で取り組んでいるので、結果も期待している」

■ティエリー・ヌービル/総合36位(↑)
パワーステージ2位

Hyundai Motorsport GmbH

「あのドラマがあってから、今日はできることは限られていた。このラリーで結果を出すことができず、チームに本当に申し訳ない。勝てるペースもマシンもあったが、レッキの時点で始まっていたひとつのミスでみんなをガッカリさせてしまった。あそこは読みが甘すぎた。レッキでは霧と雨でコンディションが悪く、コーナーの判断を誤ってしまい、それで早々にラリーを終わらせることになってしまった。自分たちはいつもいいリザルトを目指すことがモチベーションとなっているが、ポルトガルではそれができなかった。サルディニアでは、絶対に攻めていくよ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■ガス・グリーンスミス/総合5位(↑)
「本当にいい週末になった。ここまでのWRCでの自己ベストタイの結果だし、すべてが前に進んでいる感じなのは重要。トラブルもあったが、ペースとパフォーマンスの面では、本当にハッピーだ。いいタイムを出せたし、金曜日のパンクと土曜日のエンジントラブルがなければ、もっと上の順位でフィニッシュしていただろう。でも、こうしたことで、ドライバーとしてより強くなっていける。このラリーでは、本当に成長できたので、チームには心から感謝したい。次のサルディニアや、シーズンのその先でも、この調子を続けていかなくてはね」

■アドリアン・フルモー/総合6位(↓)
「正直、自分たちにとっては本当にいいラリーだったし、昨日、先頭走行を経験できたのは興味深かった。ペースをつかむのは難しかったが、本当にいい勉強になったし、今回はマシンや多くのことを学んだので、ここに来た目標を達成できた。ステージはとても楽しかったし、マシンもとてもよかった。このマシンをドライブするチャンスを与えてくれたMスポーツには感謝しかない。もちろん、初めてのポルトガル参戦はとても難しかったし、ステージの知識を使うこともできなかったが、これもラリーを戦う要素のひとつ。今日のフェルグエイラスは久しぶりに設定されたステージだったが、ここでは2回ともセカンドベストタイムだった」

RALLY PLUS