WRCベルギー:エバンス「マシンの感触は良かったがタイムが出ない」デイ1コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギー:エバンス「マシンの感触は良かったがタイムが出ない」デイ1コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

イープル・ラリーベルギー、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。ドライバーズ選手権2番手でWRC初開催のベルギーを迎えたエルフィン・エバンス。ここ2戦は厳しい内容となっているだけに巻き返しを図りたいところだが、トリッキーなコンディションの中、思うようにタイムにつながらないもどかしさを吐露した。

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合首位

Hyundai Motorsport GmbH

「今日はクリーンな走りができれば最速ペースが出せると分かっていた。もちろん経験も大いに役に立っているしマシンもいい動きをしているが、初日を終えてリードできていてよかた。リスクを負わずにいいリズムをキープすることに努め、すべてがスムーズに進んだ。午後の目標も、クリーンな走りをすることだった。少し速度を上げて走ることができた。ペースノートをチェックしたし、グラベルクルーもいい仕事をしてくれたので、リードを広げるために少しプッシュできる余裕が感じられた。3つのSSで7秒リードを広げることができて、すごくよかった。今日最後のステージも集まってくれたスペクテイターのために走りたかったが、残念ながらキャンセルになってしまった。ここまではチームの努力がいい形で表れている。明日も、タフなチャレンジが待っている」

■クレイグ・ブリーン/総合2位

Hyundai Motorsport GmbH

「すごくハッピーだし、今日の進捗には満足しなくてはならないというのが正直な気持ち。マシンのフィーリングは素晴らしかったし、ポール(ネーグル)もいつも通り素晴らしい仕事をしてくれた。ターマックでのフィーリングを取り戻せてよかった。クロアチアでは苦戦したが、今回はマシンがグローブのように自分にフィットしている。午前の最初のステージは順調だった。4本目ではR5マシンでの走行を参考にしたのでタイムをロスしてしまったが、このループは素晴らしい内容になった。ベストタイムを2本マークして、ラリーをリードした。午後は首位との差が少し広がってしまったが、ここでティエリーに張り合うのが試練になることは分かっていた。135kmを走行して7秒差は、そうひどい内容でもない。2ループ目のコンディションはトリッキーだったが、それでも楽しめたし、明日も興味深い1日になる。その前に、お茶を飲んで寝るよ!」

■オィット・タナック/総合3位

Hyundai Motorsport GmbH

「初めてイープルラリーに参戦するのは文字どおり試練なのは明らかだが、この位置につけられてうれしい。午前のループはクリーンな走りができた。道にはすでに泥がたくさん出ていたし、予想以上だったところもある。マシンの動きはよかったが、場所によってスリッパリーだったので慎重になった。ロングステージはかなり厳しくて、どこを走ればいいのか、どこでグリップをつかめるのか、判断が難しい状況だった。そんな時はもちろん経験が少ないことを痛感するが、一歩一歩学んだしフィーリングも悪くなかった。午後はブーストが少し低かったが、それ以外はドライブが楽しかった。明日も自分たちにとって新しいステージがあるので、どんな内容になるか楽しみだ。接戦になっているので、もちろん明日は自分たちももっといい内容にしたい」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■カッレ・ロバンペラ/総合4位

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日は予想どおり、常にトリッキーなコンディションでかなり厳しかった。このマシンやこのタイヤでターマックでの走行経験があまり多くないし、こうしたステージではグリップレベルの変化が激しいので判断が難しい。今日の夜になってコンディションのこともより分かるようになり、少し楽にできるようになったからもう少しプッシュすることができたが、あまりリスクは負いすぎなかったし、マシンの中でも楽しさが感じられた。チームメイトたちともかなりいい形で張り合うことができたし、ポディウム争いもかなりハードになっている」

■エルフィン・エバンス/総合5位
「ラリーの滑り出しとしては楽ではなかった。グリップレベルの変化や様々な路面がミックスされていることで、自信をつかむのが難しかった。かなりいいセクションもあったが、マシンとの一体感を完全に感じるのに苦戦した区間もあった。最初のループはまずまずいい形で走り切ったと思うし、上位陣に離されないようにベストの走りを努めた。夜は、正直、マシンのフィーリングはかなりよかったのだが、タイムはそれほどコンペティティブではなかったようなので、何故だったのかを理解しなくてはならないし、明日は朝からよりいい走りができるように努める」

■セバスチャン・オジエ/総合6位

Toyota Gazoo Racing WRT

「自分たちとしては理想的な滑り出しではなく、最初のループでのペースはあまりよくなかった。先頭走行ではグリップをつかむのが難しく、これほど泥が影響するとはまったく予想していなかった。さらにセッティングにも改善の余地があった。2ループめでは、流れが正しい方向に進んでいった。それでも完璧ではなかったが、セッティング面でいくつかステップを踏むことが出来たので、どんどん自信を感じられるようになった。明日に向けてもいくつかアイディアがあるので、さらに前進していけたらと思う。ここからは、ポディウム争いに専念しなくてはならない」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■ガス・グリーンスミス/SS4でデイリタイア
「このイベントは実に独特で、ステージを走り切るごとに、より走りやすくできるようにセッティングを変えた。どんどん感じがよくなり、マシンでの自信も高まっていることを感じていたが、悲しいことに今日は早い段階で終わってしまった。またふり出しに戻って、週末にできるだけ多くの経験を積んでいきたい」

■アドリアン・フルモー/SS3でラリーリタイア
「ふたりとも少し頭痛がして足に痛みもあるが、でも大丈夫だ。(コースオフしたのは)巻き込んでいくコーナーだったが、それでもフラットだったのでペースノートにはフラットコーナーと書いていたが、少しダートが出ていて少しオーバーステアになってしまい、その後でどこかを側溝にヒットしてコースオフしてしまった。もちろん、自分の地元に近いラリーなので、友人や家族が集まってくれている中でこの結果になってしまったのは本当に残念だが、これもラリーだし、こうしたことが起こる時もある。こんな時でもそこから学ぶものはあるし、もちろんもっと分析をしなくてはならない。ステージのフィニッシュまで500mだったので本当に残念だが、自分たちはもっと学ばなくてはならない」

RALLY CARS