フィンランドのアークティックラリーがWRC第2戦として追加、2月26日に開幕予定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

フィンランドのアークティックラリーがWRC第2戦として追加、2月26日に開幕予定

©WRC PROMOTER

WRCプロモーターは1月14日、2月に開催されるフィンランドのアークティックラリーを2021年のWRCカレンダーに追加することを発表した。

WRC唯一のフルスノーラリーであるスウェーデンが開催中止となったことを受け、代替イベントとして初めてWRCとして開催されるスノー&アイスのイベントのアークティックラリー・フィンランドは、ロバニエミを拠点に2月26‐28日を予定している。

この発表により、フィンランドは2021年にWRCを2戦開催することになる。7月29日‐8月1日には、グラベルのF1として知られる高速グラベル戦のラリーフィンランドがユバスキラを拠点に開催される。

フィンランド最北のラップランド州の州都であるロバニエミは、北極圏のすぐ外側に位置する。ラリールートはこの州内に設定されるが、2月は気温がマイナス30度にまで下がることもある寒地。サンタクロースの地元として有名な町だが、息を飲むようなオーロラ観測でも人気の観光地だ。

ラリーは2月26日の午前にシェイクダウンを行った後、夕刻には開幕SSを走行。土曜日は3SSを2ループ、最終日の日曜日はパワーステージで締めくくられる。設定される総ステージ本数は10SSで、SS総距離は約260kmとなる。

新型コロナウイルス(COVID-19)に関してはフィンランド国内、開催地の地元、FIAによる厳しい感染防止対策手順に従ってラリーが行われる。観戦の是非については、今後の対策指示に従って決定するとしている。

WRCプロモーターのマネージングディレクター、ヨナ・シーベルは、この直前の決定に関わらずラリー運営に意欲を見せたイベントプロモーターのAKKスポーツを称賛する。
「12月にラリースウェーデンの開催中止が決まって以来、我々はAKKスポーツ、ロバニエミ市、情熱的な関係者と連携して、このイベントを開催必死の取り組みを行ってきた。時間との戦いは厳しいものだった。関わってくれたすべての人々に感謝したい」とシーベル。

「ラリーのスタートまで44日間しかないが、AKKが伝統の夏のラリーフィンランドと同様の高い水準のラリーを開催するために、全力を尽くしてくれると確信している。ウインターイベントは、ラリーの中でも非常に見応えのある場面が展開される要素のひとつ。雪に覆われた銀世界、路肩の巨大な雪壁にマシンを押し当てて高速走行を行うのはドライバーなら誰でも憧れるシーン。このラリーは、絶好のタイミングで開催されると言えるだろう!」

AKKスポーツのCEO、リク・ビターは、ロバニエミ市が迅速にWRC開催のプランを受け入れてくれたことに感謝を寄せる。
「この計画について検討し、可能性を探ってきた。様々な選択肢がある中で、ロバニエミはウインターラリーの運営に定評があり、国際イベントを開催する都市としても評価が高く、ラリーの作成経験が豊富なことも決め手となった」とビター。

FIAのラリーディレクター、イブ・マトンは「アークティックラリー・フィンランドがWRCカレンダーに加わったことで、スノーイベントに絶好のコンディションが約束された、我々の夢だった場所でのラリーを経験できる」とコメント。
「12月には残念ながらラリースウェーデンが中止となったが、今回のことは試練にぶつかることでチャンスが生まれることもあるのだということを証明している」

「短い期間に、フィンランドでのふたつめのWRC戦開催を実現させたAKKと主催者チームのコミット、プロフェッショナリズム、決意に感謝したい」

なお、2021年WRCカレンダーの修正版は、FIAの承認待ちとなっている。

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!