WRCラリーGB:デイ3を終えてラトバラが2位、ラッピが3位に浮上。タナクはストップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーGB:デイ3を終えてラトバラが2位、ラッピが3位に浮上。タナクはストップ

©TOYOTA

10月6日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリーGBの競技3日目デイ3がイギリスのウェールズ中部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合2位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合3位に順位を上げた。なお、SS15まで首位を走行していたオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組は、SS16でラジエターにダメージを負い、デイリタイアを喫している。

ラリーGBのデイ3は、9本計150.24kmのSSを日中のサービスをはさまずに走行。いずれも伝統ある名物ステージで、ウェールズ中部の丘陵地帯や森林地帯が戦いの舞台となった。デイ2終了時点で2位と28.8秒差の総合1位につけていたタナクは、デイ3でも好調を維持。一時リードを48秒に拡大した。しかし、SS16でラジエターを破損。エンジンにダメージが及ぶことを防ぐため走行を中止し、デイリタイアとなった。チームはサービスでクルマの状態を精査し、デイ4に再出走するか否かを判断するとしている。

ラトバラとラッピは、1日を通して僅差の上位争いを続けた。朝1番のSS10から12にかけてはラッピがラトバラを総合順位で上まわったが、SS13でラトバラがラッピを抜き総合3位に。その後ラトバラはSS14と17でベストタイムを記録するなど力強い走りを続け、タナクのデイリタイアもあって総合2位に順位を上げた。ラトバラと首位セバスチャン・オジエのタイム差は4.4秒と、十分に優勝を狙える位置につけている。また、3位ラッピとラトバラの差も7.4秒と決して大きくはなく、ラッピにもポジションアップのチャンスがある。

トミ・マキネン(チーム代表)
「オットはとても好調だったので、止まってしまったのは本当に残念です。何が起こったのかその原因を注意深く調べ、もし何かしらの変更が必要ならば、早急に対策を施さなくてはなりません。一方で、ヤリ-マティがオジエと僅差の優勝争いをしているのはポジティブな要素です。とても大きなチャンスですし、もし明日の朝から完全に自信を持って走ることができれば、優勝は可能だと思います。エサペッカもまた良い位置につけていますので、明日はふたりが揃って表彰台に立つことを期待しています」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「オットがリタイアした後、自分に優勝のチャンスがあるのだと気がつき、よりハードに攻め始めたところどんどんとフィーリングが良くなっていきました。最後のステージではヘアピンコーナーの轍(わだち)でエンジンがストールして数秒を失いましたが、ラリーはまだあと1日あります。しばらく優勝から遠ざかっているので、非常に高いモチベーションを持って明日の最終日に臨みます」

TOYOTA

オット・タナク
「朝はとても順調でした。良いペースを保ち、自分のリズムで走るだけで良かったのですが、スウィートラムのステージの2走目で、ラジエターに何らかのダメージを負いストップしなくてはなりませんでした。もし明日再出走できたとしたら、パワーステージで可能な限り多くのポイントを獲得したいのですが、きっと簡単ではないでしょう。なぜなら、パワーステージでは出走順が後方になるからです。それでも、失うものは何もないのでただ全力で挑むのみです」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「今日はとても長い1日で、僅差の戦いが続きました。朝はとても楽しんで走ることができ、大きなリスクを冒すつもりはなかったのですが、良いタイムが出ました。午後になるとタイムが落ち始めフラストレーションを感じましたが、それでも自分は総合3位、ヤリ-マティは総合2位につけています。そして、それはチームにとって重要なことなのです。後方の順位の選手との差は十分ではないので、明日はハードに攻めなくてはならないでしょう」

TOYOTA

ラリーGB デイ3の結果
1. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) 2:31:22.5
2. ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +4.4
3. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) +11.8

4. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) +13.5
5. マッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC) +34.1
6. アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +36.5
7. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +45.4
8. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +55.5
9. カッレ・ロバンペラ(シュコダ・ファビアR5) +7:30.8
10. ポンタス・ティデマンド(シュコダ・ファビアR5) +8:33.9

22. オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC) +20:07.7



ワールドラリーカレンダー2019