WRCラリーGB:3台のヤリスWRCが揃って好走、デイ2を終えてタナックが首位浮上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーGB:3台のヤリスWRCが揃って好走、デイ2を終えてタナックが首位浮上

©TOYOTA

10月5日(金)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリー・グレートブリテン(GB)の競技2日目デイ2がイギリスのウェールズ北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合首位に浮上。ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組は総合3位、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組は総合4位につけ、ヤリスWRCは全3台がトップ4に入った。

ラリーGBのデイ2は、ウェールズ北部ディーサイドのサービスパークを中心に、4本のステージを各2回走行。8本のSSの合計距離は110.76kmの設定だった。ステージはディーサイドの西側に広がる森林地帯が主な舞台となり、路面は全体的にウエット。一部はマディになるなど、とても滑りやすいコンディションでの走行となった。デイ1総合4位のタナックは午前中、SS2からSS4にかけて3ステージ連続でベストタイムを記録。午後もSS7とSS8でベストタイムを刻んだ。SS8でパンクをしたためSS9ではやや抑えた走りとなったが、それでも計5本のベストタイムで2位に28.8秒差をつけて1日を終えた。ラトバラはSS6でベストタイムを記録するなどデイ1からの好調を保ち、2位とわずか2.5秒差の総合3位に。また、ラッピはラトバラと4.6秒差の総合4位で、難しいコンディションとなったデイ2を走りきった。

トミ・マキネン(チーム代表)
「チームは素晴らしい仕事をしてくれました。2週間前にウェールズで行った事前テストは今日ととても似た路面コンディションで行うことができました。それも今日の好結果に繋がったと思います。昨年、我々はこのラリーで苦戦しましたが、その時の経験と情報を基に改善作業を進めた結果、パフォーマンスが大きく向上したと感じます。競技はまだ2日間ありますが、明日は我々に合っているステージだと思います」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「全体的にとてもよい1日でした。朝最初のSSではアンダーステアに少し苦労しましたが、その後ダンパーを微調整したところ自信を持って走れるようになりました。午後2本目のSS8ブレニグではベストなフィーリングではなくタイムが伸びませんでしたが、続くSS9ペンマハオは所々非常に滑りやすい路面だったにも関わらずよい感覚が戻り、満足できるタイムが出ました。明日はメイヘリン、ハフレン、ディフナント、ダイフィといった本当に素晴らしいステージを走行します。道幅が広く流れるようなコーナーが続き、私のドライビングスタイルに合っているステージなのでとても楽しみです」

TOYOTA

オィット・タナック
「非常によい1日になりました。クルマのパフォーマンスは本当に素晴らしく、タイヤのグリップ力が低い路面でさえも高い競争力があったので、大きな進化を感じました。現時点ではよいポジションにつけていますが、まだまだ先は長いので、集中力を保ち攻め続けなくてはなりません。明日のステージは我々のクルマに合っていると思いますので、きっとよいフィーリングで走ることができるでしょう」

エサペッカ・ラッピ
「朝は少し苦戦しましたが、SSとSSの間のリエゾン区間でセットアップを変更した結果、状況はよくなり、午後はより自信を持って走れるようになりました。まだ完全には満足していませんが、少なくとも正しい方向には進んでいるはずです。今のところよい戦いができているので、とても楽しんでいます。セットアップが改善するにつれてフィーリングは好転し、自信も増してきているので、明日は今日よりも余裕を持って戦えると思います」

TOYOTA

ラリーGB デイ2の結果
1. オィット・タナック(トヨタ・ヤリスWRC)1:06:04.3
2. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)+28.8
3. ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)+31.3
4. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)+35.9

5. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)+38.2s
6. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)+48.8
7. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC)+1:06.4
8. マッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC)+1:08.4
9. アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)+1:24.3
10. カッレ・ロバンペラ(シュコダ・ファビアR5)+3:08.4



ワールドラリーカレンダー2020