WRCラリーGB:スニネンがシェイクダウンでトップタイム、タナックにコースオフの波乱 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーGB:スニネンがシェイクダウンでトップタイム、タナックにコースオフの波乱

©M-Sport

WRCウェールズ・ラリーGBは10月4日、シェイクダウンが行われ、Mスポーツ・フォードのテーム・スニネンがトップタイムをマークした。スニネンは、WRカーでの初めてのラリーGBに挑んでいる。

3.37kmのスリッパリーなステージで、スニネンは2番手タイムに0.2秒差をつけての最速タイムをマークした。その2番手タイムは、5連覇王者のセバスチャン・オジエ、昨年のGBウイナーであるエルフィン・エバンス、ヤリ‐マティ・ラトバラと、3人がタイで並んだ。

一方、ここまで3戦連続で優勝と一気にタイトル争いに名乗りを挙げて注目を集めるオィット・タナックには、あわやという場面が。シェイクダウン1回目の走行に臨んだタナックのトヨタ・ヤリスが、右コーナーの進入でブレーキングした際にそのまま横滑りし、バンクにヒットしてしまったのだ。周囲の助けを借りてバンクから脱出しコースをフィニッシュしたが、オイルが垂れ始めていたためにそのままディーサイドのサービスパークに戻り、クーリングシステムを交換した。その後、再開してコースを3回走行。WRカー勢で最も遅い11番手タイムでセッションを終えた。

マディなグラベルコースはすぐに磨かれてさらにスリッパリーになったため、ほとんどのドライバーは自身のベストタイムは1回目か2回目の走行で計測したものとなった。例外はオジエで、5回目の走行で2番手タイムをマークしている。

選手権リーダーのティエリー・ヌービルは、ヒュンダイ勢最上位の6番手タイムだった。

WRC GB シェイクダウン結果
1. テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ フォード・フィエスタWRC 2:01.2
2= ヤリ‐マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ トヨタ・ヤリスWRC + 0.2
2= エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット フォード・フィエスタWRC + 0.2
2= セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア フォード・フィエスタWRC + 0.2
5. クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン シトロエンC3 WRC + 0.3
6. ティエリー・ヌービル/ニコラ・ジルスール ヒュンダイi20クーペWRC + 0.6
7. マッズ・オストベルグ/トルステイン・エリクセン シトロエンC3 WRC + 0.7
8. エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム トヨタ・ヤリスWRC + 1.0
9. ヘイデン・パッドン/セブ・マーシャル ヒュンダイi20クーペWRC + 1.4
10. アンドレアス・ミケルセン/アンデルス・ヤーゲル ヒュンダイi20クーペWRC + 1.9



ワールドラリーカレンダー2020