WRCラリーGB:オジエ「4位、5位では意味がない」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーGB:オジエ「4位、5位では意味がない」デイ2コメント集 

©M-Sport

ラリーGB、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。激しい三つ巴の争いとなっているタイトル争い、大事な一戦の初日をトランスミッショントラブルでまさかの5番手発進となったセバスチャン・オジエは、タイトル6連覇に黄信号を灯しかねない事態に、土曜日はフルリスクを負っての臨戦態勢に入る構えを見せた。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■オット・タナク/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRC


「とてもいい一日だった。マシンのパフォーマンスは今日、本当によかったと思う。いいステップを踏めたようだし、グリップの低いコンディションでもかなりコンペティティブでいられた。いい位置につけてはいるが、まだまだ先は長いので集中を保ってプッシュを続けなくてはならない。明日のステージは自分たちのマシンと相性がいいはずなので、いい手応えを感じている」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合3位

Toyota Gazoo Racing WRC


「今日は、基本的にかなりいい内容だった。午前はアンダーステアに悩まされたが、ダンパーを少し調整してから自信をつかみ始めた。午後のブレニグはベストのフィーリングが持てずにタイムをロスしたが、ペンマハオではフィーリングを取り戻し、かなりスリッパリーな場所もあったが、まずまずのタイムが出た。明日のことも楽しみだ。メイヘリン、ハフレン、ディフナント、ダイフィ、みんないいステージだ。ワイドでリズムに乗れるので、自分のドライビングスタイルにも向いている」

■エサペッカ・ラッピ/総合4位

Toyota Gazoo Racing WRC


「午前中は少し苦戦していたが、ステージの間にセッティングを変えて、午後はよりポジティブな内容になった。完全には満足できていないが、少なくともいい方向には進んでいる。接戦に絡んでいるのはとてもいいことだね。セッティングはよくなっているから、フィーリングも自信も高まっている。明日がやりやすくなるよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合2位

Hyundai Motorsport GmbH


「今日を通して、いい前進ができた。午前のループはとてもトリッキーで、先頭走行は簡単ではなかった。正直、少し不利だったと思っている。辿れるラインが何もなく、マシンとも格闘していた。午後は、マシンのハンドリングもステージのコンディションもよくなり、フィーリングもかなりよくなった。今日は、これが精いっぱいだったと思う。オットは大差をつけているが、土曜日は長く厳しい一日が待っているので全力を出し続ける」

■ヘイデン・パッドン/総合7位

Hyundai Motorsport GmbH


「今日はクリーンな一日にしようと努めた。午前のループは、マシンはしっくり来ていたが、グリップとトラクションの低いコンディションだった。2本目で少しコースを外れ、タイムロスした。午後のループは走行順の影響がかなり大きかったので、自分たちのプランに専念し続けた。土曜日はもう少し有利な走行順になるので、何かを得られるようにしたいと思っている」

■アンドレアス・ミケルセン/総合9位

Hyundai Motorsport GmbH


「思い出したくない一日になってしまった。午前はペースがつかめず、マシンの安定したフィーリングをつかむのに苦戦した。日中サービスの時にエンジニアと調査して少し変更を行い、午後のループはフィーリングを取り戻すことができた。残念ながら本当に速く走るペースにはなっていないが、明日は気を取り直してプッシュする」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■セバスチャン・オジエ/総合5位
「今日はポジティブにはなれそうにないし、起きてしまったことを変えることもできない。午後は本当にハードにプッシュしたが、十分なタイムが出なかった。4位や5位でフィニッシュするのでは意味がないので、明日はフルにリスクを負わなくてはならない。もちろん願っていたような滑り出しではないが、まだ先は長い」

■エルフィン・エバンス/SS7に向かうリエゾンでデイリタイア

M-Sport


「午前中はいい内容になって、マシンのフィーリングは本当によかった。しかし、サービスを離れる時に、わずかにミスファイアを確認していたが、それが残念ながらSS7に向かうリエゾンでターミナルに問題を引き起こした。この結果、今日はリタイアしなくてはならなくなった。マシンは修復できるので、明日はまだ戦線に復帰する」

■テーム・スニネン/SS9でリタイア

M-Sport


「今日の滑り出しはかなりよく、いい位置につけていた。そうしたら、最終SSでコーナーをカットし過ぎて、切り株にヒットしてしまった。次の左コーナーでサスペンションが壊れ、クラッシュしてしまった。自分のミスだ。いいペースでマシンのドライビングを本当に楽しめていたし、何よりポディウム争いをしていたので残念だが、このような形で終わってしまった。また来年、やり直さなくてはならない」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■クレイグ・ブリーン/総合6位

Citroen


「今日の内容には満足している。一切ミスはしなかったし、特に2回目の走行は自分たちがステージに入った時はものすごくマディで滑りやすい状態だったが、それでも速い走りができた。ポディウム圏内とはあまり離れていないので、戦い続ける。明日はもっといい一日になると、すごく期待している」

■マッズ・オストベルグ/総合8位

Citroen


「走行順が後ろだったので少し苦戦したが、そのことはもう忘れて、ラリーの残りのことを考えている。差はそれほど大きくないし、まだ先は長いので、明日はプッシュして順位を上げていきたい」



RALLY PLUS