WRCフィンランド:タナクがベストタイムで初日トップ、3台のヤリスWRCが揃って順調なスタート – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:タナクがベストタイムで初日トップ、3台のヤリスWRCが揃って順調なスタート

©TOYOTA

7月26日(木)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリーフィンランドが開幕。デイ1としてユバスキュラの市街地でSS1が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合1位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合5位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合8位につけた。

26日(木)の午前中には、ユバスキュラ近郊の全長4.26kmのグラベルコース「ヴェサラ」でシェイクダウンが行われ、ラトバラが3番手タイムを、タナクが4番手タイムを、ラッピが10番手タイムを記録した。その後、夜7時からユバスキュラの市街地でスーパーSS「ハルユ」が行われ競技が開幕。ターマックとグラベルが混在する全長2.31kmのショートステージで、タナクがベストタイムを記録しデイ1を終えて首位に立った。

トム・ファウラー(チーフ・エンジニア)
「午前中のシェイクダウンは、今晩最初のステージとは違い、ラリーフィンランドの主要なSSと共通する部分が多いグラベルコースでした。ただし、路面のコンディションが急速に悪くなっていったため、他のチームのクルマとのタイム比較は難しいと思います。我々のクルマに問題は何もなく、ドライバーたちもクルマのセットアップを大きくは変えませんでした。 今年のSSはテクニカルでツイスティなセクションが増えましたが、それでも大部分は道幅が広く、ハイスピードでジャンプも多い典型的なラリーフィンランドのステージです。そのような道に対し我々は自信を持っていますが、ライバルも進化しており、有利な出走順の選手もいるので、明日からの競争はかなり激しくなるでしょう」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「最初のSSのタイムは悪くなかったと思います。いくつかミスをしましたが、重要なのはステージを走りきり、ラリーをスタートした事です。今朝のシェイクダウンは順調で、途中で小さなセッティング変更を施したところ、クルマのフィーリングはとても良くなりました。今回のラリーでの第一目標はミスなく走る事ですが、もしすべてが上手く行けば、表彰台フィニッシュや、優勝争いに加わることもできるはずです」

TOYOTA

オット・タナク
「最初の市街地SSは、途中にかなりハイスピードなセクションもあり、とても挑戦しがいがある良いステージでした。ミスのない良い走りができて嬉しく思います。しかし明日は、今日と正反対ともいえるステージが我々を待っています。朝のシェイクダウンでは、ラリー本番に向けて準備がすべて整っていることを確認しました。我々のクルマはこのラリーで高い戦闘力があると思いますので、それを最大限引き出して走る必要があります。きっと長く、厳しい戦いになるでしょうが、我々の目標はトップに立つ事です」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「ユバスキュラの中心部でラリーをスタートするのは、いつも良い気分です。多くの観客が集まり、多くの人がフィンランド人選手や我々のチームを応援してくれます。SS1ではミスなく、去年よりも良い走りができました。また、朝のシェイクダウンでもクルマのフィーリングは良く、運転が簡単に感じられ、リスクを冒すことなく走りました。 明日からのステージは滑りやすいルーズグラベルに覆われた路面が多く、出走順がタイムに大きく影響します。そのため明日の午前中のステージはかなり重要で、出来る限り良い走りをして、良い位置を狙いたいと思います」

TOYOTA

競技2日目となる7月27日(金)のデイ2は、ユバスキュラのサービスパークを中心に10本のSSが行われる。そのうちSS4/9「アサーマキ」は新たに設けられたSSで、その他のSSもステージの一部が変更されている。また、SS3/8「ウリア」は、息を呑むようなビッグジャンプで知られるラリーフィンランドの名物ステージだ。10本のSSの合計距離は126.37km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は539.93kmとなっている。

WRCラリーフィンランド SS1終了時点結果
1. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC 1:49.2
2. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +0.7
3. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +0.8
4. アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイi20クーペWRC +0.9
5. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +1.7
6. マッズ・オストベルグ シトロエン C3 WRC +1.8
7. クレイグ・ブリーン シトロエン C3 WRC +1.8
8. ヤリ-マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +2.3
9. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC +2.6
10. ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC +2.6



RALLY PLUS