WRCフィンランド:タナク「一丸となって戦うことができればこの結果が得られる」デイ4コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:タナク「一丸となって戦うことができればこの結果が得られる」デイ4コメント集 

©Toyota Gazoo Racing WRC

ラリーフィンランド、デイ4終了後の各ドライバーからのコメント。母国にも近い高速グラベルで快勝を収めたオット・タナク。チーム全スタッフからの支援を背に受け、会心の走りで勝利を引き寄せた喜びを語った。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■オット・タナク/総合優勝(=)
「完璧な週末だった。全てが思い通りに進んだ。金曜日は走行順の関係で大変だったが、その後はアドバンテージを広げられる一方だった。準備は完璧、チームからも万全の支援を受けていた。一丸となって戦うことができれば、こういった結果を得ることができるんだ。フィンランドで勝つことは、何といっても特別。自分にとっては母国戦同然のイベントだし、チームにとってはホームのラリーだ。応援してくれたたくさんの観客の前で勝つのは、信じられない気分だ」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合3位(=)

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日は2位を獲得するために死力を尽くした。素晴らしい戦いだった。このようにハードに戦っている時は、自信を持っていることが本当に力になるし、全てを出しきれるしミスもしない。久しぶりにポディウムに上がったのは本当にいい気分。特に、それがフィンランドなんだからね。オットの勝利とともに、チームにとって本当に重要なリザルトだ」

■エサペッカ・ラッピ/SS20でラリーリタイア
「今朝、スタートしてまもなく、自分のラリーが終わってしまった。マシンのフィーリングはよかった。自分のミスだ。少しワイドになりすぎてタイヤをディッチに落としてしまい、切り株にヒットしてスピンしてしまった。今回のラリーはスタートからタフな展開になり、昨日はかなり良くなったが残念な週末になってしまった。でも、チーム、オットとヤリ‐マティのリザルトには、心から祝福を送りたい」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■マッズ・オストベルグ/総合2位(=)

Citroen

「この素晴らしいステージで、またトップ争いができて、本当にハッピー! 自分のレーシングキャリアの中で最高の出来事だ。シトロエンのみんなの働きもうれしく思う。素晴らしい仕事でこの位置に押し上げてくれた。このチームのメンバーであることを誇りに思う。イベント前テストから、C3 WRCはこのラリーを走ってきた中で最高のマシンだと分かっていたし、今回、それを披露することができてうれしいよ」

■クレイグ・ブリーン/総合8位(↑)

Citroen

「金曜日のパンクの痛手が大きく、残り2日間で砂利掃きをしなくてはならず、厳しい週末になった。それでも、どんなコンディションでもペースが出せることを見せられた。特にパワーステージではいいタイムを出してフィニッシュできたのでよかった。ドイツにポジティブな感触で臨むことができる」

■カリッド・アルカシミ/総合37位(↑)
「昨日のミスで自分たちは厳しいラリーとなったが、今日、競技に復帰できて、この最高のステージを楽しむことができてうれしかった。またチームの努力が結果となって報われたのは、喜ばしいことだ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ヘイデン・パッドン/総合4位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「全体として、週末の内容にはとてもハッピー。このイベントの優勝候補のペースについていくことができたし、安定したパフォーマンスを出せた。もちろん、ポディウムに上がれればよかったが、マニュファクチャラーズ選手権のポイント獲得を重要視した。最終日の午前中は無理をせず、後続との差を維持しながらマシンを帰還させることに尽くした。今回のステージを本当に楽しめたし、マシンもドライブしがいがあった。自分に自信を与えてくれた。いい流れに戻ったよ」

■ティエリー・ヌービル/総合9位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「この週末は、走行順で本当に大きな影響を受けた。金曜日のペースノートの読み違いのミスがなかったとしても、これ以上の順位は望めなかったと思う。自分の限界を受け入れて、これ以上のトラブルなくそれぞれのステージを走り切ることに専念するしかなかった。オジエからポイントを詰め過ぎられないようにすることが一番の目標で、自分の能力の限りでベストを尽くした。パワーステージでは全力を尽くし、ポイントを獲れたのはよかった。全体としてはベストを尽くしたし、チームもいい仕事をしてくれたので、胸を張ることができる。もう気持ちは、チームの母国戦であるドイツ戦に向いているよ」

■アンドレアス・ミケルセン/総合10位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH


「厳しい週末だった。金曜日のタイムロスで、順位を上げるチャンスはなくなっていたのかもしれない。ペースノートのミスで3分をロスしたのは願っていたような状況ではないし、この結果土曜日と今日は、走行順が1番手になってしまった。不必要なリスクは避けて、このコンディションでのマシンをより理解することに努めるしかなかったが、ドイツではペースを取り戻す」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■セバスチャン・オジエ/総合5位(↑)

M-Sport


「厳しい内容だったのはもちろんだし、もっとコンペティティブに戦えると期待していた。去年のここではフィエスタのパフォーマンスはとても良くて、どのドライバーもベストタイムをマークしていたが、今年はそれがなかったのは少し悪いサプライズだった。できる限りは尽くしたので、なぜペースを上げ続けることができなかったのか、分析しなくてはならない。ポジティブな点は、ティエリーよりも多くポイントを取ったこと。いずれにしても、それが一番の目標だ」

■テーム・スニネン/総合6位(=)

M-Sport


「タフな週末だった。ポディウムを狙いたかったが、ペースが上がらず挑めなかった。チームメイトを上回ったことはうれしいが、セブは選手権を戦っているので、最終ステージでは彼に先を譲った」

■エルフィン・エバンス/総合7位(↑)

M-Sport


「ドライビングの点ではひどい内容という訳ではなかったし、ドライビングを楽しめていないと言われることもないと思うが、もちろん7位は願っていたリザルトではない」

RALLY PLUS