WRCフィンランド:ヤリスWRCがデイ3の全SSでベストタイムを奪取、総合優勝に向け最終日へ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:ヤリスWRCがデイ3の全SSでベストタイムを奪取、総合優勝に向け最終日へ

©TOYOTA

7月28日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリーフィンランドの競技3日目デイ3がユバスキラを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合首位の座を守った。また、総合3位のヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組は、2位とのタイム差を縮め、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組は総合4位にポジションを上げた。

ラリーフィンランドのデイ3は、ユバスキラの南側エリアに広がる4本のステージを各2回走行する全8本のSSが設定された。デイ2でマッズ・オストベルグとの首位攻防戦を展開しトップに立ったタナクは、デイ3最初のSS12からSS16にかけて、5ステージ連続でベストタイムを記録し、2位との差を最終的に39秒に広げた。

デイ2で総合3位につけたラトバラは、SS16でベストタイムをタナクと分け合い、7本のSSでトップ3タイムを記録。その結果、総合2位との差を前日の17.3秒から5.4秒に縮め、総合2位の座を十分に狙える位置でデイ3を走り終えた。また、デイ2で総合8位だったラッピは、SS17から3ステージ連続でベストタイムをマークし総合4位に浮上。ヤリスWRCはデイ3の全8SSでベストタイムを記録し、午後は3本のステージでトップ3を独占する速さを見せた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「本当に素晴らしい1日でした。3人のドライバー、そして我々のクルマのパフォーマンスは驚くべきものでした。今朝のオットのスピードは圧倒的で、もちろん凄い走りだったのですが、そうは見えずとても簡単に走っているようでしたし、すべてを自分のコントロール下に置いていたと思います。また、ヤリ-マティとエサペッカもどんどんと走りが良くなっていき、午後は確固たる自信を持って、とてもハードに攻めていました。きっと明日は面白い1日になると思います。特に、ヤリ-マティと2位の選手とのタイム差は少ないので、興味深い展開となるでしょう」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「1日を通して楽しむ事ができました。午前中のステージでは依然スピードがやや不足していましたが、日中のサービスでクルマのセッティングを少し見直したところ、より良いフィーリングが得られ、さらにプッシュできるようになりました。攻めた結果としてタイヤの摩耗がかなり進みましたが、それでもなお速く走り続けられた事に自分でも驚きました。明日はもちろん、2位を目指してアタックするつもりです。ただし、そのためにリスクを冒すにしてもコントロールできる範囲内でアタックしなくてはなりません」

TOYOTA

オット・タナク
「今日も全体的に良い1日でした。今朝の出走順は昨日よりもはるかに良く、良いリズムで走る事ができたので、それほど激しく攻めていなかったにも関わらず2位との差を拡げることができました。午後は路面がかなり荒れており、なおかつ十分な差を築いていたので、さらに慎重に走りました。正直なところ、抑えて走るのはあまり楽しくないのですが、リードをさらに拡げることができ良かったと思います。明日はスムーズで速いステージがあるので、とても楽しみです」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「今日は、特に午後のステージで力強い走りができたと思います。午前中から楽しんで走り、ポジションを3つ上げる事ができました。そして午後のステージでは思いきり攻め、タイヤの摩耗をまったく気にせず走りました。実際、リスクのある大きな挑戦で、最後のステージではタイヤの表面にあまりゴムが残っていませんでしたが、それでもベストタイムを出す事ができました。明日は、私の後方の選手達に対するリードを守り続ける事を目標に走ります」

TOYOTA

競技4日目最終日となる7月29日(日)のデイ4は、ユバスキラのサービスパークを中心に4本のSSが行われる。そのうちSS21/23「ルイヒマキ」は、大きな3連ジャンプで知られるラリーフィンランドの名物ステージ。また、最終ステージのSS23は、トップ5タイムを記録した選手に対しボーナスの選手権ポイントが与えられるパワーステージに指定されている。4本のSSの合計距離は45.72km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は192.97kmとなっている。

ラリーフィンランド SS19終了時点結果
1. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC 2:13:18.2

2. マッズ・オストベルグ シトロエンC3 WRC +39.0
3. ヤリ-マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +44.4
4. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +1:20.6

5. ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC +1:29.6
6. テーム・スニネン フォード・フィエスタWRC +1:45.1
7. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +2:07.6
8. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC +2:17.9
9. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +2:56.4
10. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +3:34.5



RALLY PLUS