WRCフィンランド:デイ2を終えてタナクが首位、ラトバラも3番手につける好走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:デイ2を終えてタナクが首位、ラトバラも3番手につける好走

©TOYOTA

7月27日(金)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリーフィンランドの競技2日目が行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合1位の座を堅守した。ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組は、総合8番手から3番手に浮上し、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組も総合8位につけ、3台のヤリスWRCが揃って高いパフォーマンスを披露した。

ラリーフィンランドのデイ2は、起伏が多い森林地帯のグラベルロードを舞台に、激しい首位争いが繰り広げられた。デイ1のSS1を制しトップに立ったタナクは、デイ2のSS2でもベストタイムを記録した。しかしSS3以降のステージは出走順が早いタナクに不利な路面条件となり、マッズ・オストベルグが首位に浮上。以降、頻繁に首位が入れ替わる首位攻防戦がしばらく続いた。しかし、SS9でトップに立ったタナクはその後ポジションを守り続け、オストベルグに5.8秒差をつけ総合1位でデイ2を締めくくった。タナクはデイ2で合計5本のベストタイムをマークした。

デイ1総合8位のラトバラは、午前中のSS3でベストタイムを刻み、総合3位にポジションアップ。以降安定した走りを続け、総合2位のオストベルグと17.3秒差の総合3位で1日を終えた。また、ラッピはSS2でエンジンがストールし大幅にタイムをロスしたが、午後はSS2番手タイムを2回記録するなどペースアップに成功。7位に僅か0.3秒差の総合8位につけ、さらなるポジションアップを目指してデイ3に臨む。

トミ・マキネン(チーム代表)
「全体的に良い1日でした。オットはSSで3番手スタートと、決して簡単ではない出走順でした。今年の路面は過去にないほど乾いており、早い出走順のドライバーはルーズグラベルの掃除役を担うため不利な走行条件でしたが、それでもオットは信じられないような速さを披露してくれました。明日は出走順の不利が解消されるので、とても楽しみです。ヤリ-マティも、明日はきっとスピードを上げてくれるはずです。明日我々が走るステージで、彼はいつも飛ぶように速いので、期待しています。エサペッカは、朝センターデフに問題が起こりクルマの挙動が少しナーバスでした。しかし、問題が解決した午後は調子が良くなり嬉しそうでしたので、明日に期待したいと思います。我々にとってのホームラリーで、すべてが上手く進んでおり、とても嬉しく思います。競争は予想通り激化していますが、私には自信があります」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「とても良い1日だったと思います。今朝最初のSSでは上手くリズムを掴めませんでしたが、2本目のSSでは掴む事ができました。また、クルマのセッティングをやや硬めに変更したところ、安定性が高まり満足できるようになりました。午後の最初のSSはやや慎重になり過ぎましたが、その後気合いを入れ直し3位の座を取り返す事ができました。今回は楽しんでドライブできていますし、明日はさらにドライビングを改善できるのではないかと期待しています」

TOYOTA

オット・タナク
「今日1日の自分の戦いに満足しています。クルマに大きな自信を感じてこのような道を走るのは、本当に素晴らしい気分です。エンジンのストールで少しタイムを失いましたが、それ以外は完璧でしたし、自分の力をすべて発揮できたと思います。出走順の影響で今日は路面が滑りやすく苦労しましたが、上位争いをしたライバルと明日は同じような条件で走る事ができるので楽しみです。ただ、そうはいっても簡単には行かないでしょう」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「朝は大変でした。最初のSSのジャンクションでエンジンをストールしたことで気分的にかなり落込み、その後走りのリズムを失ってしまいました。しかし、日中のサービスでエンジニアが小さな問題を発見し解決してくれたので、午後は状況が良くなり自分が期待していたようなスピードで走る事ができました。もちろん優勝が目標でしたが、ラリーはまだ2日残っているので、順位を上げるチャンスは十分にあると思います」

TOYOTA

競技3日目となる7月28日(土)のデイ3は、ユバスキラのサービスパークを中心に8本のSSが行われる設定。そのうちSS14/17「カカリスト」は、有名なオウニンポウヤのステージの一部も走行する。また、SS13/19「ピラヤコスキ」は、2017年と完全に同じステージを走る唯一のSSとなっている。8本のSSの合計距離は142.86km、リエゾンも含めた1日の総走行距離は684.51kmと、4日間でもっとも長い距離を走行する1日となる。

WRCラリーフィンランド SS11終了時点結果
1. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC 1:04:14.9
2. マッズ・オストベルグ シトロエン C3 WRC +5.8
3. ヤリ-マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +23.1
4. ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC +36.4
5. テーム・スニネン フォード・フィエスタWRC +46.1
6. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +58.6
7. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC +1:01.1
8. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +1:01.4
9. クレイグ・ブリーン シトロエン C3 WRC +1:34.1
10. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +1:57.7



ワールドラリーカレンダー2019