WRCオーストラリア:シェイクダウンはヌービルがトップタイム – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア:シェイクダウンはヌービルがトップタイム

©HYUNDAI

11月16日、2017年WRCの最終戦となる第13戦オーストラリアのシェイクダウンが行われ、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが2分56秒3というトップタイムをマークした。続いてシトロエンのステファン・ルフェーブルとMスポーツのエルフィン・エバンスが2分56秒8で並んでいる。

CITROEN

シェイクダウンは、ホストタウンであるコフスハーバーの北に設けられた5.02kmのステージで行われた。森の中のグラベルロードはドライコンディション。前戦GBで2位を獲得したヌービルはいい流れのままシーズンを締めくくりたいところ。ヒュンダイi20クーペWRCでの3戦目となるアンドレアス・ミケルセンは、ただひとり6回走行し9番手タイム。マシンへの習熟をさらに深めようとしている。また、今回2台のみの参戦となるトヨタ勢は、ヤリ‐マティ・ラトバラが4番手、エサペッカ・ラッピが8番手で走行を終えた。

Red Bull

明日からのラリー初日は8SS、113.42kmで争われる。オープニングのSS1は日本時間11月17日の6時13分にスタート予定。

WRCオーストラリア シェイクダウンタイム
1. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 2:56.3
2. ステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC) 2:56.8
2. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) 2:56.8
4. ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2:57.1
5. クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC) 2:57.2
6. オィット・タナック(フォード・フィエスタWRC) 2:57.7
7. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) 2:57.7
8. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) 2:57.9
9. アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) 2:57.9
10. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) 2:58.6

ラリプラメンバーズ2020