WRCオーストラリア:タナック「チームのためにポディウムに上がりたい」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア:タナック「チームのためにポディウムに上がりたい」デイ2コメント集 

©M-SPORT

ラリーオーストラリア、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。ヤリ‐マティ・ラトバラに20秒遅れの3位で2日目を終えたオィット・タナック。今季はここまで全戦でポディウムに上がっているMスポーツからの最後の参戦で、チームにポディウムを献上したい思いを吐露した。
*()内は総合順位の前日比

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合首位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「ラリーをリードして最終日を迎えるのは、いい気分だ。もちろん、イベントはまだ終わってはいないが、今日のトリッキーなステージへの自分たちのアプローチには満足している。全体的にペースはよかったし、ステージウインも重ねた。同時に、アンドレアスが午前にリタイアし、勝負が続けられなかったのは残念な一面だった。自分たちもまったくトラブルがなかったわけじゃない。あのニューリーのステージでは自分たちもミスをして、ジャンクションを直進してしまったが、幸いあまりタイムをロスせずに済んだ。ギヤボックスのどこかが壊れたので、日中サービスで直さなくてはならなかった。午後はプラン通りに進んで、いいギャップを築くことができた。まだ大差とは言えず、天気も影響しそうなので、最終日の朝も全力を尽くす」

■ヘイデン・パッドン/総合5位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「オーストラリアの天気は、今年は本当に変化球だ。まったく違う2つのラリーのようなステージもあって、ウエットの部分もあれば、完全にドライだったりもした。タイヤチョイスも複雑だった。その例がナンブッカ。最初の10か15kmはウエットでマディだったが、その後は100%ドライだった。今日はフィーリングを改善するために、いろいろなことを試した。デフのマップで少し改良点を見つけることができて、午後は自信が高まりドライビングも自然になった。明日もこの方向で進んでトップ5を守りたい」

■アンドレアス・ミケルセン/SS10でリタイア
「本当にガッカリしている。勝って素晴らしい形でシーズンを終えるはずだったのに、自分のミスでチャンスが消えてしまった。ニューリーのスタートから2kmくらい、オーバークレストの右コーナーで膨らみ、バンクにかなりハードにヒットした。リヤしかパンクしていないと思っていたが、すぐにフロントもだと分かった。スペアを1本しか車載していなかったので、これでおしまいだった。9割方いい内容だったが、運は今日は自分たちに味方してくれなかった。それでも、ティエリーがトップに立ったので、チームのために栄誉を勝ち取ってくれることを祈っている」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合2位(↑)
「午前中は湿っていて、ウエットのところさえあったので、ソフトタイヤが間違いなく正解だった。午後は乾き始めてきたが、サービスを出発する直前になって、小雨が降っているところもあるという情報を得た。4本ともハードで行く予定だったが、この情報のため2本をソフトに変えた。そして、その情報の通りだった。ロングステージの序盤と終盤は湿っていた。マシンのバランスにはいいフィーリングが得られなかったが、それでもいい一日になったし明日が楽しみだ。唯一、ステージが1本、橋がダメージを受けたためにキャンセルになったのは、自分たちに向いているステージだと思っていたので悔いが残る」

■エサペッカ・ラッピ/総合9位(↑)
「今日は走行順がトップで、トリッキーな1日だった。グリップを判断するのが本当に難しくて、グリップレベルは常に変化していた。正確なタイヤチョイスを行うことが、今日は最も重要なことの一つだった。ほとんどで選択を誤ってしまったが、それには理由があって、ソフトタイヤが残っていなかったのと、明日のパワーステージにフレッシュを残しておきたかった。だから戦略的な判断だったし、今はできる限り多くの経験を積むことに専念しているので、いい勉強になった」

[MスポーツWRT]
フォード・フィエスタWRC

■オィット・タナック/総合3位(↑)
「全体として、昨日よりも格段にポジティブな一日だった。マシンのフィーリングもすごくよくなったし、自信とドライビングを向上させることができた。午後は大プッシュをして、ポディウム圏内に戻れたのはよかった。明日もトリッキーなステージがあるので集中を続けなくてはならないが、チームのために今回もポディウムに上がってこの一年を終えられたらいいね」

■セバスチャン・オジエ/総合6位(↑)

M-SPORT / @World

「自分たちのラリーにはなっていないが、シーズンを通してこの状況を分けて対応するよりも、一回にまとめて対応しようと思っていたからね! 午後のループでは好タイムも出せるようになっていたいと思っていたが、サービスの直後にリヤから異音が聞こえ始めた。ダメージがあり、マシンのバランスに影響が出始めた。SS12の終盤はとても滑りやすくなり、高速の下りコーナーではひどいアンダーステアが出て、バンクにヒットしてスピンした。午後はとにかく走り切るだけになってしまったが、明日は天気のこともあり面白くなるかも知れない。ラリーはフィニッシュするまで終わらないので、攻め続ける」

■エルフィン・エバンス/総合8位(↑)
「今日も厳しい一日となった。ここのステージは楽しめているが、アタックできるだけのトラクションが得られず、満喫はできていない。それでも全部のステージを走り切れたし、ノートを修正できたことは将来につながる」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■クレイグ・ブリーン/総合4位(↑)

CITROEN / @World

「今日もいい一日になった。午前中はナンブッカがとても難しかった。でも、初めて挑むステージの割には、経験豊富なドライバーともそれほど差は離れなかった。午後のループは、コンディションが乾いてきたのでよくなった。ライバルの不運で順位は上がったが、これもレースの一部。ポディウムに上がるチャンスは逃したくない」

■ステファン・ルフェーブル/総合7位(↑)

CITROEN / @World

「今日の滑り出しは、雨でトリッキーだった。ナンブッカではスピンの後にストールして、再始動まで少し時間がかかってしまった。その後はすっかりリズムを失い、ステージのフィニッシュまで苦戦した。走行順が3番手なのは本当にハンディになってしまい、午後はソフトタイヤで賭けに出た。結果としてそれほど効果のあった選択ではなかった。ループの後の方には、かなりタイヤがなくなってしまったからね」

■クリス・ミーク/SS12後にリタイア

CITROEN

「高速コーナーの後にナローな橋があり、リヤタイヤをヒットしてしまった。数km後、何かがおかしいと感じた。タイムコントロールの後で停車して、サスペンションの修復を試みた。続けたかったが、チームから止めるように伝えられた。このループの最後のロングステージがキャンセルになったので、結果としてフラストレーションがたまることになった」



ワールドラリーカレンダー2020