WRCドイツ:デイ3チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCドイツ:デイ3チームコメント

 

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
ダニ・ソルド/総合首位
「最高に難しいコンディションの中でトップタイムを出すことができて本当にうれしい。これで首位には立ったが、その差は1秒以下だ。残りの2本は完全集中を続けて行く。明日は最高のバトルになるよ!」

ミッコ・ヒルボネン/総合3位
「舗装ではここ5戦でポディウムに上がっているので、この順位を維持することを目指す。難しい一日を乗り切ったけど、明日は何か策を考えないとね。シトロエンチームのみんなのために、最高のリザルトを持ち帰りたいよ」

[カタールWRT]
ティエリー・ヌービル/総合2位
「難しい午後だった。トラブルが起きたSS12では、通常よりも時速20kmは速度が落ちたが、あと20km遅くなってもおかしくはなかったと思うよ! リタイアもあり得るくらいだったから、とてもラッキーだった。ヤリマティがコース上にたくさん泥をかき出したから、滑って膨らんだ。丸太の山にヒットしエキゾーストにダメージを負って、残りのループはパワーが落ちた。明日はもちろんプッシュするし、スタートからアタックする。でも、不必要なリスクは負わないよ。特に今日の午後のように天気がトリッキーになったらね。賢明な気持ちで4輪すべてを路面につけておかないと。簡単な一日にはならないが、全力で臨むつもりだ」

ナッサー・アル‐アティヤ/SS11でデイリタイア
「SS11では直角ジャンクションのイン側で石にヒットし、残念ながら一日が終わってしまった。とても残念だけど、ティリーはまだ優勝圏内にとどまっている。とてもいい走りをしているし、午後のトラブルも乗り越えた。いまの順位を守って、明日は優勝を狙ってプッシュしてもらいたい」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
セバスチャン・オジエ/総合24位
「今日の序盤は、モチベーションを高めるのに苦労したが、ベストタイムを狙って攻めるのが一番の方法だ。今日の5本のうち、3本でベストを獲ったしね。そういう意味では、かなりいい一日だった。昨日とはまったく逆だね。別のセッティングも試したが、とても満足できた。ヤリマティもリタイアに追い込まれたので、今回はポロはポディウムに上がれそうにないのは本当に残念だけど、時にはそんなこともある。負けるということもスポーツの一部だ」

ヤリ‐マティ・ラトバラ/SS12でコースアウト、リタイア
「SS12でコースオフするまでは上り調子だった。午前中、ちょっとしたアクシデントがあって、助手席側のドアにダメージを負った。サービスを終えて次のステージに向かう途中、ミーカのドアが開いたままだったことに気づいたんだ。片手でドアを押さえながら、もう片方でノートを抱えなくてはならなかった。すごくスリッパリーなセクションで、ノートのコールが少し遅れ、コースサイドの石にヒットしてしまった。これで右リアのサスペンションにダメージを負ってしまった。走り続けようとしたけど、すぐにサスペンションが音を上げて、スライドオフして万事休す。明日はマニュファクチャラーポイントを少しでも獲得できるように目指すよ」

[カタールMスポーツWRT]
マッズ・オストベルグ/SS12でディッチにスタック、デイリタイア
「午後最初のステージ(SS12)はすごくスリッパリーで、スリッドオフした。5kmくらいのところでマシンのバックエンドを失い、ディッチにはまってしまった。スペクテイターの手を借りて抜け出そうとしたが、まったく動かなかった。もちろん5位につけていたので、すごく残念だが、これもラリーだ。明日は再スタートしてベストを尽くすよ」

エフゲニー・ノビコフ/総合10位
「ステージはすごくスリッパリーだったので、まったくリスクを負わないようにした。戦略はうまく行って、ポイント圏内にまで挽回できたからよかったよ」



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018