WRCスペイン:ブリーン「今回に限ってフロントに苦戦している」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:ブリーン「今回に限ってフロントに苦戦している」デイ2コメント集 

©M-SPORT

WRCラリースペイン、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。ラリー1マシンでの初戦モンテカルロではポディウムにも上がっているMスポーツ・フォードのクレイグ・ブリーン。サーキットライクなこのスペインではこれまで悩まされていなかったフロントの挙動に苦しめられている状況を明かした。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■セバスチャン・オジエ/総合首位(=)

TOYOTA

「今日もいい1日だった。このような速さが出せていい気分だし、どのステージでもギャップを広げることができた。夢のような展開。この週末はGRヤリスのドライビングを心から楽しんでいるし、今日は順位を競っているライバルと同じような出走順だったので、さらにリードを広げることができた。優勝できたらうれしいし、その仕事を果たさなくてはならない。通常なら十分なタイム差だと思うが、まだ距離が残っているので目標は最後までトラブルを避け切ることだ」

■カッレ・ロバンペラ/総合3番手(↓)

TOYOTA

「全体としていい1日だった。セブの方が常に速かったのはもちろんだし、ハードにプッシュしてとてもいい走りをしていた彼と競りあうことはできなかったが、自分たちはリスクを一切負わないつもりだったし、それをまっとうできた。午後の最初の2本も安定してかなりいいペースを出せていたが、次のステージではスタートラインで小さな問題が出てセッティングがうまくできなかった。これでタイムをロスしていき、ステージの間に修正を試みなくてはならなかった。ティエリーに順位を譲ってしまったが僅差なので、明日はいいリザルトを収めたい」

■エルフィン・エバンス/総合6番手(=)

TOYOTA

「残念ながら、1日を通してあまりペースが上がらなかった。昨日から苦戦していたが、今日はそれを克服できず、上位で戦うために必要なフィーリングの最後の部分と自信をつかむことができなかった。チームメイトを見ればマシンがコンペティティブでいい動きをしているのは明らかだが、今はただ自分たちには完璧には合っていない。だから、少しフラストレーションのたまる状況だが、もちろん常に改善しようとしているし、何ができるかを模索している。明日も、何ができるかを探っていく」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■ティエリー・ヌービル/総合2番手(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「タフな1日だったが、午前は速さもあった。最初のステージを獲ったが、このループの最長区間がキャンセルになったので3番手のままになった。ファンの前でプッシュを続けたかった。こんなにたくさんスペクテイターがいる光景を見られるのは素晴らしいよ。午後は速さが落ちたが、首位争いに残りたいと思っていた。精いっぱいやったが、自分たちのクルーはみんな、上位に対抗するだけのあと一歩をつかむのに苦戦している。それができているステージもあるが、それ以外はうまくいっていない。明日、どうなるかだ。朝、暗いうちに走るのでコンディションがトリッキーになるかもしれない」

■オィット・タナック/総合4番手(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「おおむね問題のない1日だった。テクニカル面では問題はなかったが、少しペースが足らず、マシンの基本的なフィーリングが欠けていた。午後はかなりプッシュしたし、自分のベストのゾーンを超えていた。危ない場面もあって、コースオフしかけたが道に戻ることができた。ちょっとミラクルだったね。それ以外では、チャレンジングな日だった。ドライブするのに最高の道なので、できる限り自分たち自身が楽しもうと努めていた。明日の朝、暗い中でのターマックは面白くなるかもしれない」

■ダニ・ソルド/総合5番手(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「1日の間に重要なセッティング変更を行い、パフォーマンスとマシンからの自信が解放されたようだ。状況は格段に良くなり、El Montmellのステージでそれを示せた。自分の友人からは、今日は最速タイムを出さなくてはいけない、それもサロウのショートステージだけじゃダメと言われていたので、それならあののステージだと思っていた。あのエリアに住んでいる知り合いがいて、自分が通過するのを待っていた。中盤のすごく速い区間で、とにかくハードにプッシュしたかった。マシンの動きはいいので、とにかく楽しめた。全力を尽くしたし、アメージングなタイムだった。このフィーリングを、週末を通してつかみたかった。内容はそう悪くはないが、タイムにつながっていない。明日はこのようなステージが多いので、プッシュする自信を見つけたい。特に、応援してくれているファンのためにもね」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■クレイグ・ブリーン/総合7番手(=)
「マシンのフロントに苦戦している。これまで悩んでいたエリアではなかったが、今回に限って苦戦している感じだ。フロントの動きがハードすぎて、ループの最後に向けてフロントタイヤが完全に壊れてしまった。常に改善しようとしているが、時間がかかっている」

■アドリアン・フルモー/総合9番手(=)

M-SPORT

「とてもいいドライビングができたし、いつもどおりステージは素晴らしい。1日を通してとても安定していたし、それだけが自分たちの目標だった。あまりリスクは負わず、特にダーティな場所では気をつけた。今日の内容にはハッピーだよ」

■ガス・グリーンスミス/SS11でデイリタイア



RALLY PLUS