新井敏弘、イプルーSS1でコースアウトも競技は続行 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

新井敏弘、イプルーSS1でコースアウトも競技は続行

 

 25日金曜日から競技がスタートしたIRC第6戦イプルー。
 新井敏弘の参戦、シュコダ・ファビア&プジョー207のアップデートバージョンの投入など話題の多いラリーだ。
 現在SS2までを終えて、クリス・ミーク(プジョー207S2000)がトップ。シュコダ・ファビアのフレディ・ロイクスが1.8秒差で続いている。3番手はシュコダワークスのヤン・コペッキー、4番手には同じくシュコダワークスのユホ・ハンニネンというオーダーだ。

 プロドライブ制のインプレッサを駆る新井敏弘は、滑りやすい路面に足をとられてSS1でコースアウト。コース復帰に手間どりトップのミークから9分56秒9遅れと、出ばなをくじかれた格好だ。しかしマシンにダメージはない模様で、14番手タイムでSS2を終えている。

RALLY PLUS