IRC第6戦イプルー:首位はロイクス、新井は47番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

IRC第6戦イプルー:首位はロイクス、新井は47番手

 

 IRC第6戦、ベルギーで開催されているイプルーラリーは、金曜日の初日を終えた。
 現時点でのトップはシュコダ・ファビアのフレディ・ロイクス。5.8秒差でプジョー207のクリス・ミーク、トップから22.1秒離れてシュコダのヤン・コペッキーが追う展開となっている。ユホ・ハンニネン(シュコダ)はSS4のクラッシュで戦線離脱。代わって若手のティエリー・ヌービル(プジョー207)が現在4番手につけている。

 新井敏弘はSS1でコースアウトを喫したものの、その後順調に走行を重ね、トップから12分33秒2遅れの47位で初日を終えている。

 今回3台体制で臨んだプロトンだったが、SS4でクリス・アトキンソンとアリスター・マクレー、トム・ケイブの3台ともエンジントラブルでリタイアとなっている。

 最終日は12ステージ191kmで争われる。

IRC第6戦イプルー デイ1主要リザルト

順位 クルー(マシン) タイム
1 F.ロイクス/F.ミコレット(シュコダ・ファビア) 54’33″6
2 K.ミーク/P.ネイグル(プジョー207) +5″8
3 J.コペッキー/P.ストレイ(シュコダ・ファビア) +22″1
4 T.ヌービル/N.クリンガー(プジョー207) +45″7
5 P.チョーエン/E.シェバリエ(プジョー207) +1’10″5
6 B.カジエ−ル/F.ケースメーカー(シュコダ・ファビア) +1’37″6
7 A.ミケルセン/O.フローネ(フォード・フィエスタ) +1’58″2
8 P.スナイヤーズ/C.コークレア(プジョー207) +2’07″2
9 B.マガラエス/C.マガラエス(プジョー207) +2’14″8
10 J.バン‐デン・ヘウベル/M.コルマン(三菱ランサーエボ) +2’30″5
47 新井敏弘/D.バリット(スバル・インプレッサWRX STI) +12’33″2
ワールドラリーカレンダー2020