アンドレウッチがIRCサンレモを制す。プロトンのパニッツィは20位完走。 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

アンドレウッチがIRCサンレモを制す。プロトンのパニッツィは20位完走。

 

 9月24〜25日にかけて開催されたIRC第10戦サンレモは、プジョー207S2000を駆るパオロ・アンドレウッチがIRC初勝利をもぎ獲った。

 金曜日のデイ1、クリス・ミーク(プジョー207)、ユホ・ハンニネン(シュコダ・ファビア)、ジャンドメニコ・バッソ(アバルト・グランデプント)というオーダーで幕を開けたサンレモは、これにアンドレウッチとルカ・ロセッティ(アバルト・グランデプント)が絡むかたちで秒差のバトルを展開。しかしデイ1最後のSS6、ラリー最長44kmのステージでミークは左後輪にダメージ、ハンニネンも遅れてしまい、結果的にバッソ、アンドレウッチ、ロセッティというイタリア勢が上位を占める結果となった。

 地元ベテラン勢によるバトルが期待されたデイ2、オープニングとなるSS7でアンドレウッチがバッソを逆転し首位に立つ。ふたりの差はSS9終了時点でわずか2.5秒。息詰まるバトルは、SS10でのバッソのギヤボックストラブルで勝負あり。3番手につけていたルカ・ロセッティも同じくSS10でパンクを喫し、大きく順位を落とす結果となった。

 アンドレウッチ、ハンニネン、ミークというオーダーで迎えた最終SS11、0.6秒差の4番手につけていたフレディ・ロイクス(シュコダ・ファビア)がミークを逆転し3位入賞。最終的にはアンドレウッチ、ハンニネン、ロイクスという順位でラリーは幕を閉じた。

 ちなみに、プロトンから出場したジル・パニッツィは1分のペナルティを課されながら初日を23番手で終え、最終的には20位で完走した。
 パニッツィは「ドライビングが難しい。色々なことを変えていかなきゃならないね」とコメント。SS最上位は16番手と、様々な面で課題が浮き彫りになったようだ。

IRC第10戦サンレモ(トップ10)

順位 ドライバー/コ・ドライバー マシン タイム
1 パオロ・アンドレウッチ/アンナ・アンドレウッシ プジョー207 S2000 2:35’32″7
2 ユホ・ハンニネン/ミッコ・マルックラ シュコダ・ファビア S2000 +4″4
3 フレディ・ロイクス/フレデリック・ミコレット シュコダ・ファビア S2000 +34″1
4 クリス・ミーク/ポール・ネイグル プジョー207 S2000 +38″3
5 ルカ・ロセッティ/マテオ・キャルコッシ アバルト・グランデプント S2000 +1’21″0
6 ヤン・コペッキー/ペトル・ストレイ シュコダ・ファビア S2000 +1’59″9
7 ジャンドメニコ・バッソ/ミティア・ドッタ アバルト・グランデプントS2000 +2’27″9
8 ティエリー・ヌービル/ニコラ・クリンガー プジョー207 S2000 +2’35″1
9 ジャンフランコ・クニコ/ルディ・ポレット プジョー207 S2000 +2’42″8
10 ブルーノ・マガラエス/カルロス・マガラエス プジョー207 S2000 +2’43″9
RALLY PLUS