WRCベルギー:トヨタのカッレ・ロバンペラがSS2でクラッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギー:トヨタのカッレ・ロバンペラがSS2でクラッシュ

©Toyota Gazoo Racing WRT

WRC第9戦イープル・ラリーベルギー(ターマック)は8月19日、デイ1の競技がスタート。SS1ではドライバーズ選手権で首位につけるトヨタのカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がトップタイムで発進したが、続くSS2でラリーを終える波乱が起きた。

ロバンペラは、この日2本目のWestouter-Boeschepeの左コーナーでワイドに膨らみ、アウト側のディッチに引っかけて、草地の中へと転倒してしまった。ロバンペラとコ・ドライバーのヨンネ・ハルットゥネンは無傷で救出された。

ロバンペラには、このベルギーの結果次第によっては、史上最年少でのドライバーズタイトル獲得が決まる可能性が浮上していた。ラリーはSS3を終えた時点で、チームメイトのエルフィン・エバンスが首位につけ、前戦フィンランドの覇者オィット・タナック、地元ベルギーの応援を背に受けるティエリー・ヌービルとヒョンデ勢のふたりが続いている。



ヘルメットのペイントはじめました!