WRCベルギー:ティエリー・ヌービル「喜びを与えてくれたファンに恩返ししたかった」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギー:ティエリー・ヌービル「喜びを与えてくれたファンに恩返ししたかった」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCイープル・ラリーベルギー、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。母国ラリー連覇に向けてデイ2で首位に立ったティエリー・ヌービルだったが、この日最後から2本目でまさかのコースオフ。路面変化の餌食となった波乱に落胆を隠せなかった。
(カッコ内は順位の前日比)

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■オィット・タナック/総合首位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「午前はトランスミッションに苦戦して、4WDが不安定だった。日中サービスで変更できたが、違うセッティングだったので対応するのに時間がかかった。最終的には、信頼することができ慣れてきた。午後のループは基本的には良かった。ティエリーのことは気の毒だ。明日は、2度目のフィンランドのような感じ。午前はビッグプッシュをかけるが、ラクと言うにはほど遠い。エルフィンはいい走りをしているので、明日、何をしなくてはいけないか様子を見る」

■オリバー・ソルベルグ/総合4番手(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日は自分たちのプランに徹したが、いいペースも見せられたし順位も上がった。午前のループは、アンダーステアや、スペアを1本多く載せていたので手こずったが、内容はよかった。日中サービスで少し変更を行い、エンジニアやチームのおかげでマシンのフィーリングが格段に良くなった。午後は、高速コーナーでは1本多いスペアタイヤの重さを感じたが、安全が一番だ。母国のラリーでティエリーに起きたことは本当に悲しい。特に、ファンや家族のみんなが見守っている中で、こんなに辛いことはない。ここから重要なのは、最終日、チームのために2台を走り切らせること。明日は短いがトリッキーなステージに対応しなくてはならないし、フルモーとの差も小さいので戦いは終わっていない。この先もトラブルを避け切らなくてはならない」

■ティエリー・ヌービル/SS15でデイリタイア
「チームにとっても、週末を通して本当に大きな力を与えてくれたファンのみんなにとってもすごく残念。SS15の低速左コーナーで、すごくスリッパリーなターマックだったが、先行車が掻き出したダートでいっぱいだった。ペースノートには書いていなかったので、トリッキーだとは気付かなかった。グラベルクルーがそこを通過した時もまだクリーンだったので、とにかく驚いた。どうにもできなかったし、とにかくアンダーステアになってディッチにはまった。マシンのダメージは大きくないが、残念ながらあのステージを走り切ることはできず、そこでリタイアしなくてはならなかった。ターゲットはもちろん優勝だったし、この週末、自分に喜びを与えてくれたファンに恩返しをすることだった。本当にガッカリしているが、明日もまた走ってみんなに走りを披露したい」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■エルフィン・エバンス/総合2番手(↑)

TOYOTA GAZOO Racing WRT

「午前中は、新しいノートがたくさんあってかなり大変だった。特に、超高速から、一気に超低速になったりする場所がたくさんあるからね。そういう場所では、もっと行けるかもと思ってしまうものなんだ。だから、まったくラクではなかったが、状況はうまく進んだ。今日を終えて差は大きくないので、明日が勝負。このように僅差のラリーではタイムを詰めるのはチャレンジングだが、プレッシャーをかけ続けて何ができるかを見ていく」

■エサペッカ・ラッピ/総合3番手(↑)

TOYOTA GAZOO Racing WRT

「自分たち的には、とても安定していた1日だった。もっと速く行けるポテンシャルはあったが、前後の差を考えれば無茶してプッシュすることはない。事実、まったく集中できなかった時もあったので、とにかくいいリズムを続けミスをしないことに努めた。その結果、3番手につけているので、報われた。マージンは大きいので、スマートに道の上に残ることに努めた。明日も同じ流れを目指し、日曜日はフィンランドの時よりも順調に進めていきたいね」

■カッレ・ロバンペラ/総合67番手(↑)

TOYOTA GAZOO Racing WRT

「今日、再スタートできるように見事にマシンを直してくれたチームに心から感謝している。マシンは新品のようで、完璧だった。最初のステージからフィーリングがよく、ベストタイムもマークできた。もちろん、今日は何も戦うものがなかったが、エンジョイすることに努めた。いいフィーリングをつかむためには少しプッシュすることが重要だし、いいタイムも出せた。できれば、明日のパワーステージではポイントも獲りたいので、同じ走りができたらいいね」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■アドリアン・フルモー/総合5番手(↑)

M-SPORT

「今日の内容には本当に満足。すごく自信があったし、とてもポジティブだった。最終日、オリバーを抜いてキャリアベストのリザルトを目指したい」(SS16フィニッシュ後)

■ガス・グリーンスミス/総合21番手

M-SPORT

「とにかく進んでいく、できることはそれがすべてだ。しっかり寝て、朝からいい仕事ができるようにするよ」(SS16フィニッシュ後)

■クレイグ・ブリーン/SS10でデイリタイア



RALLY CARS