WRCベルギー:オィット・タナック「今回の成果には本当に満足」デイ3コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギー:オィット・タナック「今回の成果には本当に満足」デイ3コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCイープル・ラリーベルギー、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。難しいコンディションにライバルが餌食となるなかで、安定して速さを維持して前戦に続く勝利を飾ったタナック。マシンにはまだ伸びしろがある中での今季3勝目に、一定の納得を見せた。(カッコ内は順位の前日比)

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■オィット・タナック/総合優勝(=)
パワーステージ順位:4位
「イープルで勝てたのは、フィンランドの時と同じようにかなりのサプライズ。ここで勝てるとは思っていなかったが、こんなにいい結果が残せたのは素晴らしいこと。ラリーの間、常に完璧に快適な走りという手応えは得られなかったが、どうにか色々なことをまとめることができた。もっと改良して強くなれることは分かっているので、これからもハードに取り組み続ける。今日は、順位を守って最後までいいリズムをキープするだけの速さがあった。今回の成果には本当に満足だ」

■オリバー・ソルベルグ/総合4位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「やっとこのような素晴らしいリザルトを残せて、最高。何度も近いところまで迫ったが、全体のパッケージがこんなにいい形で噛み合って良かった。まったくラクというわけではなかったし、道が難しくチャレンジングなラリーだった。前回のターマックのクロアチアはいいラリーにできなかったし、フィンランドでは悔しい思いで終えてしまったので、この2週間は本当に辛かった。チームがものすごく支えてくれて、ここにたどり着くまでに最高のチームワークで乗り越えてきた。このラリーをフィニッシュできて良かったよ」

■ティエリー・ヌービル/総合20位 (↑)
パワーステージ順位:3位

Hyundai Motorsport GmbH

「自分にもファンにとっても残念な週末になってしまった。土曜日に僕らが首位から脱落した後、優勝を持ち帰ってくれたオィットを祝福したい。チームは素晴らしい仕事をしてくれたし、このリザルトはものすごくモチベーションを後押ししてくれる。自分たち的には、今回のイベントで一番ポジティブなことは、マシンの信頼性とパフォーマンスだ。3戦続けて、大きなトラブルは出ていない。僕たちを応援してくれた、本当にたくさんのスペクテイターに心からの感謝を伝えたい。最高のサポートだった。残念ながら自分たちは勝つことはできなかったが、少なくとも楽しむことはできたし、ファンのみんなもそうであったことを願うよ」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■エルフィン・エバンス/総合2位(=)
パワーステージ順位:2位

Toyota Gazoo Racing WRT

「2位でのフィニッシュで完全に満足することなどできないが、全体としては強く戦えた週末だった。ただ、ほんのわずかな不運であちこちでタイムロスがあったが、これもラリーだし、ゲームの一部。マシンは良かったし、ラリーの序盤から戦いに絡んでいたのは良かった。最終日はセッティングでいい前進ができて、ラリーの終盤はすごくドライビングしやすい手応えを感じた。今日はオィットにプレッシャーをかけ続けることに努めた。走行距離が少なかったので壁が高いことは分かっていたが、ある程度タイムを詰めることはできた。それでも、予想していたとおりあと一歩届かなかったけれどね」

■エサペッカ・ラッピ/総合3位(=)

Toyota Gazoo Racing WRT

「今回の自分たちの成果にはすごく満足。このラリーで3位は自分たちにとってとてもいいリザルトだし、チームのためにもいい結果だ。ラリー前にはこのようなリザルトはまったく予想していなかった。このラリーに出るのは8年ぶりだからね。自分たちは最速ではなかったが、ライバルたちがミスをする中で自分たちは一切ミスがなく、それが最終的に報われた。今日のように、いい順位につけて絶対にラリーをフィニッシュしたいと思ってしまう最終日はトリッキーになるものだが、なんとか乗り切った」

■カッレ・ロバンペラ/総合62位(↑)
パワーステージ順位:1位

Toyota Gazoo Racing WRT

「もちろん、最高の週末とは言えないが、シーズンはここまでいい形で進んできたし、時にはミスも起こる。金曜日にクラッシュした後、チームとして立ち直るために全力を尽くしたと思うし、それがとても重要だった。マシンを見事に修復してくれたメカニックたちに、いい形でお礼ができた。パワーステージは、そこまでかなり安全にドライブしてきたのでペースを上げるのは簡単ではなかったが、でも最大の5ポイントを獲得できて良かったし、選手権ポイントの差もあまり詰められずにすんだ。この先も、まずはギリシャから、いいリザルトを獲り続けなくてはならない」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■ガス・グリーンスミス/総合19位(↑)

M-SPORT

「みんなのためにも、とにかく戦い続けなくてはならなかったと思うし、家に帰って数日過ごせば、また次の週末で戦えるようになる。とにかく、流れに乗るまで走り続けなくてはならないし、そういうものだと思う。正しい方向には向かっている」

■クレイグ・ブリーン/総合63位(↑)

M-SPORT

「テクニカル面で小さなトラブルがあり、最後のステージまでそれを抱えていた。本当に、ちょっとした災難のような感じ。誰もハッピーじゃない。チームのみんなやファンは、今はあまり面白くないかもしれないが、みんな全力を尽くして頑張っている」

■アドリアン・フルモー/SS19でラリーリタイア



ヘルメットのペイントはじめました!