WRCサルディニア:タナック「自信を感じられればいい仕事ができる」デイ4コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCサルディニア:タナック「自信を感じられればいい仕事ができる」デイ4コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCラリーイタリア・サルディニア、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。激闘となったサルディニア、中盤から抜け出してヒョンデにラリー1マシン初めての勝利を献上したオィット・タナック。シーズン序盤の苦戦を乗り越えて、ついに結果につなげたことに満足を見せた。(カッコ内は順位の前日比)

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■オィット・タナック/総合優勝(=)
「この優勝を勝ち獲ることができて本当にうれしい。特にメカニックたちやチームのみんなは、この新しい世代のマシンを整えるために信じられないほどの努力をしてきてくれたからね。試練の日々が続いていたが、懸命な作業が報われたことを示すことができた。ラクなラリーではなかったので、マシンを走り続けさせるためにチームは本当にいい仕事をしてくれた。ポルトガルの後から、ステップを踏むことができた。マシンのパフォーマンスが改善し、自分たちのフィーリングもついてきた。自分たちが自信を感じられれば、いい仕事ができることは疑いない。この方向に向けて取り組み続けなくてはならない」

■ダニ・ソルド/総合3位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「チーム全体にとって、非常にモチベーションが高まるリザルトだ。みんなのために今回もポディウムに上がることができて、うれしいよ。今回の参戦の目標はポイントを獲り、チームの選手権争いを支援することだった。オィットの勝利と自分の3位フィニッシュで、差を詰めることができた。それが今回の目的だった。正直、クレイグともっと接戦になれたらよかったが、彼の速さは素晴らしかったし、自分はリスクは一切負いたくなかった。金曜日の午前などタイムをロスしたステージもあったが、目標は達成できたのでその点は満足しなくてはならない」

■ティエリー・ヌービル/総合41位(↑)
パワーステージ順位:1位

Hyundai Motorsport GmbH

「ポジティブな面を見れば、この週末はチームとして素晴らしい結果になった。この勝利は、チームが積み重ねてきた努力に報いる大切なものだ。自分たち的には残念ながら今回も、ああすればよかったという思いが残るラリーになってしまった。もちろん残念だが、ハードにプッシュし続けたし何度も限界に挑んだ。コンペティティブになるためには、イベント全体を通してすべてがかみあわなくてはならない。マシンには、100%ではないがパフォーマンスがあるし、苦戦している中でもベストタイムも出すことができている。全力を尽くしたし、少なくともパワーステージで最大ポイントを獲ることはできた」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■カッレ・ロバンペラ/総合5位(=)
パワーステージ順位:2位

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日の自分たちの目標は、ラリーを走り切ってパワーステージのポイント獲得を狙うことだけだと自覚していた。フィーリングは期待するほどよくはなかったし、かなりタフだったが、それでもセカンドベストタイムをマークして、ラリーでの5位フィニッシュのポイントに加え、4ポイントを獲得できた。厳しい週末だった。一年が終わった時点でポイントを計算した解きにこのようなリザルトは重要になるので、クレバーにならなくてはいけないということはよく分かっていた。選手権での直近のライバルよりも多くポイントを獲れたので、その点については満足していいと思う」

■エルフィン・エバンス/総合40位(↑)
パワーステージ順位:3位

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日はパワーステージを目標にした。願っていたほどではなかったが、何もないよりポイントを獲れたことはよかった。自分たちとしては今回も厳しい週末になってしまったが、少なくともポジティブに捉えられることもある。ステージのタイムという点では、車内で喜びを完治された時もあったし、今回もフィーリングの点ではよかった。かなりいい速さが出ていたことが何度もあったが、とにかく流れをつかめなかった。ケニアで改善できるように目指していく」

■エサペッカ・ラッピ/総合44位(↑)
パワーステージ順位:4位

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日は、チームのために次のケニア戦に向けて少し違ったことを試してみたが、この変更はすごくうまくいったと思う。今日は路面を掃かなくてはならなかったことを考えれば、フィーリングはとてもよかった。今年、どの路面でも同じだったように、このイベントでの速さは素晴らしかった。それは、このマシンがドライブしやすいということ。あとは、すべてをひとつにまとめるだけだ。土曜日は少しアンラッキーだったと思うが、ラリーではそんなサプライズが起こる時もある。今回のラリーでのポジティブな点を次のイベントにつなげていきたい」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■クレイグ・ブリーン/総合2位(↑)

M-SPORT

「もちろん素晴らしい週末だったし、すべてがうまくいったので満足している。ここ2戦ほど厳しい内容が続いていたので、ここでいいリザルトを収めることは重要だった。間違いなくフィーリングはよくなっているし、ケニアも楽しみになってきた。いいリザルトを出して迎えることができるので、自信にもつながるはずだ」

■ピエール・ルイ・ルーベ/総合4位(=)
*マニュファクチャラーズ選手権ポイント対象外

M-SPORT

「このマシンとチームではまだ3戦目なので、この週末の内容には本当に満足。自分たちの成果に誇りを持てる。みんなが素晴らしい仕事をして、最高のマシンを作り上げてくれたおかげ。メカニックたち、みんな、本当にありがとう」

■ガス・グリーンスミス/総合7位(=)

M-SPORT

「言うまでもなく、まったくいい週末ではなかった。今回は何らかの理由でマシンにいいフィーリングを感じるのに本当に苦労したし、とにかく自信をつかめなかった。だから、今回は、ケニアを見越して新しいことをたくさん試すことに費やした。最後から2本目のステージで初めてマシンの扱いやすさを感じた。速さがそれを示している。少なくとも方向性は合っているのだが、そうだね、最高の週末とはならなかった」

■アドリアン・フルモー/SS17でラリーリタイア

M-SPORT

「チームのためにいい結果を残せそうだったのに、残念な終わり方になってしまった。今回のプランはチームのためにポイントを獲得することだったし、その流れができていたが、小さなミスがアクシデントにつながってしまった。チームに謝罪をしたいし、週末を通してがんばってくれたみんなに感謝している」



ヘルメットのペイントはじめました!