WRCサルディニア:オジエ「ブレーキを踏む時に足が滑ってしまった」土曜日コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCサルディニア:オジエ「ブレーキを踏む時に足が滑ってしまった」土曜日コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

WRCラリーイタリア・サルディニア、土曜日終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。天候も戦況も大波乱となる中、激しい首位争いをしていたセバスチャン・オジエ。この日最後から2本目で珍しくコースオフを喫し、優勝戦線からの離脱を余儀なくされた。
(カッコ内は順位の前日比)

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1ハイブリッド

■ティエリー・ヌービル/総合首位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日は大波乱でビッグバトルだった。午前は順調に滑り出したが、SS10でハードにプッシュしたオジエに手痛くやられた。自分たちは順調だと感じていたし、ステップバイステップでギャップを7秒まで詰めた後、すべてが一変したステージを迎えた。ハードなプッシュとマシンを道に留める絶妙なバランスが取れていたし、その流れを維持することができた。まだ仕事は終わっておらず、明日のためにマシンを整えなくてはならない。このコンディションで、かなり負担がかかっているからね。天気はまだトリッキーになりそうだから、集中を維持しなくてはならない」

■エサペッカ・ラッピ/総合2番手(↓)

Hyundai Motorsport GmbH

「午前中は一貫していたが、午後の目標はオジエにプレッシャーをかけ続けることだった。とてもうまくできたし、彼があのようなミスをすることを決して願ったりはしないが、これもラリーの一部。あの後は、自分たちの目標が変わった。雨が降り始めたので、タイヤをセーブすることに重点を置いてリスクは一切負わなかった。あっという間にコースオフすることもあるからね。ハイドロプレーニングがひどいところもあったが、幸い危ない場面はなかった。明日はドライになることはないだろうし、今はチームが1-2につけているが、状況はいつでも一変するから慎重にいかなくてはならない」

■ダニ・ソルド/総合5番手(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日も大変な一日だった。特にナローな林道で、適切なペースをつかむことが難しかった。午前中は走行順が先頭だったのは少しは有利になって、ほかよりもほんの少しグリップが得られたが、ステージがかなりスリッパリーになってからは簡単にミスをしてしまう状況だった。砂利掃除をしている感じも少しあったので、戦うのが難しかった。それでも、今日の使命はマシンをサービスに持ち帰ることだったし、順位では5番手に上がったので、明日何が起こるかだね。レッキではステージはすでにものすごくウエットだったので、明日も過酷で予測不可能な一日になると思うよ」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッド

■カッレ・ロバンペラ/総合3番手(↑)

Toyota Gazoo Racing WRT

「いい一日だったし、とてもスマートに戦えたと思う。午前中は、必要な時にはペースを披露できた。昨日よりも走行順が良くなったので、かなりうまくいった。その後、ほかのドライバーがいなくなったことで、また砂利掃除をしなくてはならなくなった。午後は本当にトリッキーだった。タイヤはすでにかなり使ってしまっていたので、とにかくベストを尽くした。トラブルを避けるようにして、午後はクリーンな走りをして順位もひとつ上げることができた。でも、チームメイトのトラブルで順位が上がるのは、いいものではないけれどね。明日は、自分たちのタイヤの組み合わせがいい形に出るように願いたい」

■エルフィン・エバンス/総合4番手(↑)

Toyota Gazoo Racing WRT

「長くチャレンジングな一日だった。午前中はウォータースプラッシュが予想以上に深くて驚かされた。フロントにかなりダメージを負い、なんとかサービスに持ち帰らなくてはならなかった。チームが見事にマシンを直してくれたよ。午後はすごく難しいコンディションのところもあったので、とにかく無理をせずに走り切った。トラブルを思えば、今日を4番手で終えられたのは少しラッキーだが、明日もまだ先が残っているので、とにかくクリーンな走りを続け、パワーステージで何ができるかを考えたい」

■セバスチャン・オジエ/SS14でデイリタイア
「午前の最初の2本では少しペースに欠けていたが、一番長い、おそらく最も難しいステージで取り戻した。あのタイムを出すために必死で戦ったので、その後にリードを広げられて良かった。残念ながら、午後はドラマの連続になってしまった。まず、ウォータースプラッシュでフロントにダメージを負った。これを直して走行を続けるために、奮闘した。それから3本目のステージの直前に、泥だらけの中でタイヤを交換しなくてはならなかった。それからブレーキペダルを踏んだ時に足が滑ってしまい、コーナーを曲がることができなかった。今日はかなり不運だったが、ラリーとはこういうものだし、このことは忘れて前を向かなくてはならない」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■オィット・タナック/SS9後にデイリタイア

Ott Tanak

「SS9のフィニッシュ直前にウォータースプラッシュがあり、そこを抜けた後にマシンがストールして、電子系のトラブルに見舞われた。リエゾンで自力で直すことはできなかった。チームがサービスにマシンを運び、詳しく調べる。明日、再スタートできることを願っているよ」

■ピエール・ルイ・ルーベ/この日はスタートせずラリーリタイア
「SS7でのアクシデントの後、マシンを修復していたが、予想以上に多くのダメージが見つかった。このため、イベントをリタイアするという苦渋の決断を下した」(チーム発表)



RALLY PLUS