WRCポルトガル:往年のWRCマシンが競技ステージでデモラン披露 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:往年のWRCマシンが競技ステージでデモラン披露

©Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

5月19〜22日のWRC第4戦ラリーポルトガル(グラベル)で行われたWRC50周年記念イベントでは、往年のWRCマシンが集結。展示のほか、競技で使用するステージでデモンストレーション走行を行うという、非常にレアな企画が行われた。

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

今回のラリーポルトガルに持ち込まれたマシンは、展示のみも含め次の28台。
ランチア・デルタHFインテグラーレ16V(1990年、ミキ・ビアジオン/ポルトガル、グループA)
ルノー5ターボ(1984年、ジャン・ラニョッティ/コルス、グループB)
タルボ・サンビーム・ロータス(1981年、ヘンリ・トイボネン/コルス、グループ2)
アウディ・クワトロA2(1984年、バルター・ロール/NZ、グループB)
ランチア・ストラトス(1975年、ジャン‐クロード・アンドリュー/モンテカルロ、グループ4)
ランチア・ストラトス(1976年、ビヨルン・ワルデガルド/サンレモ、グループ4)
オペル・アスコナ400(1982年、バルター・ロール/サンレモ、グループ4)
アルピーヌA110(1973年、ジャン‐リュック・テリエ/コルス、グループ4)
ランチア・デルタS4(1985年、ヘンリ・トイボネン/RAC、グループB)
トヨタ・カローラWRC(1998年、ディディエ・オリオール/サンレモ)
トヨタ・カローラWRC(カルロス・サインツ)
フィアット・アバルト131ラリー(1979年、マルク・アレン/ブラジル、グループ4)
ランチア・ラリー037(1985年、ビック・プレストン/サファリ、グループB)
アウディ・クワトロA1(1983年、ハンヌ・ミッコラ、グループB)
ランチア・デルタHFインテグラーレ(1993年、カルロス・サインツ/ポルトガル、グループA)
アウディ・クワトロS1 E2(1986年、バルター・ロール/モンテカルロ、グループB)
アウディ・スポーツ・クワトロラリーRS-01(1985年、モンテカルロ、グループB)
シトロエンC3 WRC(2019年、エサペッカ・ラッピ)
フォード・エスコートRS1800(1977年、ビック・プレストン/サファリ、グループ4)
アウディ・スポーツR6‐グループ4(ハンヌ・ミッコラ)
フォード・エスコートRS1800
トヨタ・セリカST185(サファリ)
スバル・インプレッサ
三菱ランサーエボリューション
ヒュンダイi20クーペWRC
フォード・フォーカスWRC(コリン・マクレー)
フォード・フォーカスWRC 06
フォルクスワーゲン・ポロ WRC

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

会期中、ヒストリックマシンのデモンストレーション走行が行われたステージは、コインブラ(SS1、2.82km)、ロウサダ(SS9、3.36km)、ポルト‐フォズ(SS16、3.3km)のスーパーSS3本と、ファフェ(11.18km)の1回目と2回目の走行の間の、合計4本。19日木曜日、ロウサダにトップで登場したのは、オペル・アスコナ400に乗った1980年、1982年WRCチャンピオンのバルター・ロールだった。記者会見でも、ミシェル・ムートンとのタイトル争いの秘話を披露するなど、今回の50周年記念イベントでは随所で話題を振りまいた。

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

ロールは、ラリー最終日のファフェでも走行披露。この日は、アウディ・クワトロRSのステアリングを握り、ポルトガルの大観衆を大いに沸かせた。

ラリー1マシンにとって初めてのグラベルラリーとともに、記念すべきWRC50周年イベントの運営を成し遂げた主催者に対し、ヒョンデのティエリー・ヌービルも「主催者は、本当に見事な仕事をした。往年のドライバーや名車が一堂に集結したのは、本当に素晴らしいことだ」と賞賛のコメントを寄せている。

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

Jaanus Ree / Red Bull Content Pool



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!