スバル、新型「WRX」を世界初公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、新型「WRX」を世界初公開

©SUBARU

スバルは、新型「WRX」(米国仕様車)を、現地時間2021年9月10日にアメリカで世界初公開した。『初代以来、4世代に渡って受け継いできたWRXらしさを継承しつつ、さらなる高みを目指し、パフォーマンスカーとしての価値、そして実用的なセダンとしての価値を革新的に進化させた、新世代のSUBARU AWDパフォーマンスカー』であるとしている。 この新型「WRX」(米国仕様車)は、2022年に米国で販売を開始する予定。

SUBARU


SUBARU


パワーユニットは、2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載。スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造で剛性を向上させたボディとシャシーを採用し、走りを大幅に向上させた。さらに新制御ソフトウェアで変速レスポンスを革新的に高めた“スバル・パフォーマンストランスミッション”や、クルマのキャラクターを大きく変えられるドライブモードセレクト、さらなる安心を提供する新世代アイサイトなども新たに採用している。

SUBARU


外観では、ワイド&ローを強調するフロントバンパーのデザインや力強く張り出したフェンダーが特徴。フロント・リヤフェンダーのスポーツサイドガーニッシュやサイドシルスポイラーなどに、空気の流れを整えるヘキサゴンパターンの空力テクスチャーを採用している。また、フロントフェンダー後部、リヤバンパー後部にはエアアウトレットが設けられ、コーナリング時や高速走行時の操縦安定性を高めている。

SUBARU


なお、現時点で明らかになっているスペック(米国仕様車)は以下のとおり。トランスミッションは6MTとスバル・パフォーマンストランスミッションの2種類。足まわりはフロントがストラット式独立懸架、リヤがダブルウィッシュボーン式独立懸架を採用している。

新型WRX(米国仕様車・18インチアルミホイール装着車)の主な諸元(開発目標値)
全長 183.8インチ
全幅 71.9インチ
全高 57.8インチ
ホイールベース 105.2インチ
エンジン 2.4L 水平対向4気筒直噴ターボ
最大出力[ネット] 271hp
最大トルク[ネット] 258lb.-ft

ヘルメットのペイントはじめました!