スバル・モータースポーツUSA、ARAオジブウェ・フォレストラリーに挑む – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル・モータースポーツUSA、ARAオジブウェ・フォレストラリーに挑む

©subaru.com/rally

スバル・モータースポーツUSAは、8月27〜28日に米国ミネソタ州で開催されるアメリカン・ラリー・アソシエーション(ARA)第7戦オジブウェ・フォレストラリー(グラベル)に、トラビス・パストラーナ、ブランドン・セメナックが駆る2台のスバルWRX STIをエントリーさせる。

パストラーナとセメナックは、ドライバーズ選手権では首位と2番手につけてミネソタ湖周辺で開催されるグラベルラリーを迎える。セメナックは前戦のニューイングランド・フォレストラリーで2位フィニッシュを飾り、タイトル争いではポディウム圏内に再浮上している。一方、パストラーナは昨年のオジブウェ・フォレストで勝利を飾っており、連覇を目指す。

トラビス・パストラーナ

subaru.com/rally

「オジブウェは、データ上では自分たちにとって1年で一番強いラリー。ツイスティでサンディなグラベル路では、よりアグレッシブな走りができる。チームは、ニューイングランドで自分がクラッシュさせたマシンを、見事に修復してくれた! もちろん、ハードな走り出7度目のオジブウェ勝利を目指したいが、選手権争いを考えれば必ずしも勝利が必要というわけでもない。しかし、誰もが自分たちと戦い続けるために、勝利を狙ってくるだろう。だから、激走と言えるペースで走り切り、獲れるものを獲っていかなくてはならない」

ブランドン・セメナック

subaru.com/rally

「オジブウェはカレンダーの中でも好きなイベントのひとつで、いろいろな要素がミックスされた道。しっかり路面を読み切ることができれば、路面の轍をとらえて格段に速いペースでコーナーに進入することができる。選手権争いでは2番手に戻すことができたが、速いドライバーがたくさん後に続いているのでスタートからペースをつかんでいかなくてはならない」

ヘルメットのペイントはじめました!