心臓はGT-R! ダチア・ダスターがパイクス挑戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

心臓はGT-R! ダチア・ダスターがパイクス挑戦

 

 ルノーは26日、ルノー・グループのブランドのひとつであるダチアのSUV、ダスターをパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに投入すると発表した。マシンにはニッサンGT-R用のVR38DETTエンジンが搭載される。

 このパイクスピーク用マシンはダチア・ダスター“ノーリミット”と名付けられ、トルク・エンジニアリングとルノー・スポールがマシンを製作。エンジンはニッサンGT-R用のVR38DETTエンジンを搭載。3.8リッターV6ツインターボをソデモがチューンし、850馬力を発生する。

 ダチア・ダスター“ノーリミット”は、フランスの氷上レースであるトロフェ・アンドロス王者のジャン-フィリップ・ダイルーがドライブ。パイクスピークのアンリミテッドクラスに挑戦することになる。

 パイクスピークはこの5年、田嶋伸博が優勝。今年もモンスタースポーツ SX4 ヒルクライムスペシャルをシェイクダウン済みだ。リース・ミレンやポール・ダレンバッハなど強力なコンペティターに、ダチア・ダスター“ノーリミット”がどう勝負を挑むのか、注目が集まる。

拡大写真はこちらへ

2010年パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム
田嶋伸博のタイムアタック



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS