WRCベルギー、全参加者のCOVID-19検査に向けて現地病院と提携 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギー、全参加者のCOVID-19検査に向けて現地病院と提携

©Ypres Rally Belgium

今季、ベルギー初のWRC戦開催を11月20〜22日に控えるイープルラリーは、イベントに先駆けて全参加者、関係者の新型コロナウイルス(COVID-19)検査に対応するため、イープルのヤン・イーペルマン病院と2500件の検査を行う提携を結んだことを発表した。

「ヤン・イーペルマン病院は、イープルラリーの安全な運営を確実に行うために喜んで作業にあたる」とヤン・イーペルマン病院のディレクター、フレデリック・シャンテリエは語る。
「競技の前週、我々は2500件のCOVID検査を行い、当病院のラボで分析を行う。これらの検査は、病院の通常の運営に影響を与えない方法で行う。この提携により、我々の作業や当院の患者さんへのお世話に過剰な負担が発生することもない」

イープルラリー・ベルギーの主催者、クラブ・スーパーステージは、この提携が非常に重要なものであるとし、ラリーの運営スタッフから将来の世界チャンピオンに至るまで、ラリーに関係するすべての人が検査を受けるとしている。

「主催者として、我々はすでに2回、数週間前のモンテベルグラリー、アオロバラリー、このような体制でイベントを行っており、一般の方々の安全を確保した上でラリーを主催することができる」とクラブ・スーパーステージのヤン・ヒューグはコメント。
「ラリーは屋外のスポーツであり、我々のルートは数10km以上もの範囲に広がるので、健康面でのルールを完璧に遵守することができる。イープルラリー・ベルギーはベルギー初のWRC戦となるので、さらに1ステップ進めた手段を取り入れる。最終的には、FIAの規定を適合させるので、イベントの関係者は全員、事前にCOVID検査で陰性であることを証明しなくてはならない。イベントスタッフからトップドライバーまで、全員に検査を受けてもらう。これにより、ヤン・イーペルマン病院が2500件の検査を行うことになったことを発表できることをうれしく思う」

Ypres Rally Belgium



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!