WRCトルコ:ベストタイムを記録したオジエが首位と1.3秒差の総合3位につける – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCトルコ:ベストタイムを記録したオジエが首位と1.3秒差の総合3位につける

©TOYOTA

9月18日(金)、2020年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリートルコが開幕。トルコ南西部マルマリスのサービスパークを基点に2本のSSが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシアが総合3番手に、エルフィン・エバンス/スコット・マーティンが総合4番手に、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンが総合5番手につけた。
(以下、チームリリース抜粋)


今シーズン3戦目のグラベル(未舗装路)イベントとなるラリー・トルコは、尖った石が多く転がる、荒れた路面のステージが特徴のラフグラベルラリーです。18日の午前中に行なわれたシェイクダウンのコースも路面は非常に荒れており、ドライバーはラリー本番に向けた、クルマの最終確認および調整作業を全長4.7kmのグラベルステージで実施。ロバンペラが3番手タイムを、エバンスが4番手タイムを、オジエが5番手タイムを記録しました。

その後、午後5時過ぎに競技がスタートし、サービスパークの近くで全長13.90kmのSS1が、サービスパークの北側で全長11.32kmのSS2が行なわれました。距離は短くとも、この2本のステージを走り終えた時点の順位によって、長い明日のステージの出走順が決まるため、非常に重要な意味を持つステージになりました。前戦ラリー・エストニアでドライバー選手権首位を堅持したオジエは、この2本のSSでは不利な1番手スタートを担いましたが、SS1で5番手タイムを、SS2ではベストタイムを記録。首位と1.3秒差の総合3位と、好位置で初日を終えました。昨年、ラリー・トルコを怪我で欠場したエバンスは、2本のステージを4番手タイムでまとめ、オジエと0.8秒差の総合4位につけました。また、初めてWRカーでラリー・トルコに出場したロバンペラは、エバンスと0.6秒差の総合5位につけました。

トミ・マキネン(チーム代表)
非常にポジティブなスタートになりました。我々のドライバーは明日、全員が今夜よりも良い出走順でステージに臨むことになりますが、それこそが今晩の目標でした。このラリーでは誰も道の掃除役になることを望まず、そうならないことが重要だったからです。昨年からクルマに改良を加え続け、自信を持って今回のラリーに臨みましたが、今のところ明日のステージについても期待できそうです。

セバスチャン・オジエ
総合3位は予想以上の順位です。良いスタートを切れたことを嬉しく思います。出走順が1番だった今晩のステージは予想通り非常に滑りやすく、本当に大変でした。しかし、自分たちの持てる力を全て出し切り、特に2本目のステージは、パワーステージに挑む時のように全力で走りました。ダストの中を走らずに済んだのは少し有利だったと思いますが、路面をクリーニングしながらの走行は本当に大変でした。これから始まる長い戦いに向けて、出走順を改善できたのは嬉しいですが、まだまだやるべきことは多くあります。

TOYOTA

エルフィン・エバンス
今晩のステージが鍵を握っていることはわかっていましたし、明日ベストな出走順を得るためには、最高の力を発揮しなければならないと思っていました。正直言って、最初のステージはグリップの高さに驚き、スタート後の数キロは走りのリズムをつかめず、あまりハードに攻めることができませんでした。その後は調子が上がり、良いフィーリングで走れました。2本目のステージは前のクルマが舞い上げたダストがかなり多く、視界不良でタイムを失ってしまいましたが、全体的には悪くない夜でした。

TOYOTA

カッレ・ロバンペラ
良いスタートになりました。今朝のシェイクダウンでは、1本目からすぐに良いフィーリングを感じることができました。今晩最初のステージは、予め予想していたように、タイヤの摩耗とペースを見極めるため、少し慎重に走る必要がありましたが、次のステージでは既にペースをつかんでいました。順位を上げられたことで、明日の出走順がかなり有利になったのは嬉しい限りです。今日のようにペースを上げていくことができたら、きっと表彰台も狙えるでしょう。問題と無縁な、クリーンなラリーを戦えるように頑張ります。

TOYOTA

ラリー・トルコ デイ1の結果
1 セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ (ヒュンダイ i20クーペWRC) 18m50.9s
2 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +1.2s
3 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (トヨタ ヤリス WRC) +1.3s
4 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC) +2.1s
5 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ ヤリス WRC) +2.7s

6 テーム・スニネン/ヤルモ・レーティネン (フォード フィエスタ WRC) +4.2s
7 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +4.8s
8 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (フォード フィエスタ WRC) +6.6s
9 ガス・グリーンスミス/エリオット・エドモンドソン (フォード フィエスタ WRC) +16.1s
10 ピエール=ルイ・ルーベ/ヴィンセント・ランデ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +28.5s

明日のステージ情報
競技2日目となる19日(土)のデイ2は、サービスパークの西側に展開する3本のステージを、日中の40分間のサービスを挟んで各2回走行する最長の1日です。そのうち、SS3と再走ステージのSS6は、今大会2番目に長い全長31.79kmのロングステージです。6本のSSの合計距離は107.38km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は344.12kmとなっています。

ワールドラリーカレンダー2021先行予約受付中!!