WRCベルギーがコース概要を発表、スパのパワーステージは11.81km – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギーがコース概要を発表、スパのパワーステージは11.81km

©FIAWorldrallycross.com

WRC初開催でシーズン最終戦を務めるベルギーのイープルラリー(11月20〜22日、ターマック)がラリーガイド1を発行、ルートの概要が明らかとなった。

全23SSの総ステージ走行距離は289.54kmで、最初の2日間は、ディッケバス、ケメルベルグ、ワトウなどイープルの名門ステージを含めた2019年のイープルラリーの構成をほぼ踏襲している。

一方、最終日は発表されていたとおり、スパ・フランコルシャンサーキットが舞台となる。この日の朝は、サーキットでの最初のSS(10.59km)を走行した後、F1のピットレーンにリグループが設定されている。ステージ説明には、サーキットを走行するステージには、WRXの文字が明記されており同週末開催の世界ラリークロス選手権戦のコースを使用することがうかがえる(世界ラリークロス戦のコースは1周912m)。このステージを11.81kmに調整したSS23は、今シーズン最後のパワーステージに指定されている。
(Graham Lister)

RALLY CARS