WRCエストニア:WRC3はオリバー・ソルベルグが圧勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCエストニア:WRC3はオリバー・ソルベルグが圧勝

©Jaanus Ree/Red Bull Content Pool

WRC第4戦エストニアのWRC3部門はオリバー・ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5)が圧勝を飾った。

前日は午前のループで2回のパンクに見舞われながらもすぐに挽回し、この日を部門トップで折り返していたソルベルグは、その後は一切のドラマを避け切り、59秒と大差を築いて部門優勝。さらに総合リザルトでも、ワークス支援を受けるWRC2首位のマッズ・オストベルグ(シトロエンC3 R5)に38.7秒差をつけての9位と、ラリー2マシン全体でもトップという圧巻のパフォーマンスを披露した。

「素晴らしいよ! タフなステージで、最後は左フロントタイヤが大変なことになっていた。毎回違うコンディションですごく難しかったけど、とても楽しめた」と語るソルベルグは、最終パワーステージでも全体の9番手、ラリー2マシン最上位のタイムをたたき出している。

Oliver Solberg

一方、後方では大きな展開があり、前日3番手で折り返していたポーランドのカエタン・カエタノビッチ(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)が部門2番手に順位を上げて迎えた最終ステージで、まさかの転倒。この結果、ヤリ・フッツネン(ヒュンダイi20 R5)が2位でフィニッシュした。前日2番手につけていた地元エストニアのイゴン・カール(ファビア・ラリー2 Evo)は、SS16でパンクを喫してタイムロスを喫したが、部門3位でのフィニッシュを果たし母国ラウンドでポディウムに上がっている。

WRCラリーエストニア WRC3最終結果
1. O.ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5) 2:07:32.2
2. J.フッツネン(ヒュンダイi20 R5) +59.0
3. E.カール(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo) +1:47.8
4. M.ブラシア(シトロエンC3 R5) +2:36.6
5. N.シャミン(シトロエンC3 R5) +4:12.7
6. R.オース(シュコダ・ファビア・ラリー2) +4:44.5



ラリプラメンバーズ2021