哀川翔、アジアクロスカントリーで見事完走! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

哀川翔、アジアクロスカントリーで見事完走!

 

 8月6〜11日にかけてカンボジアで行なわれていたアジアクロスカントリーラリーで、奴田原文雄とコンビを組んで参戦していた哀川翔が、クラス3位(総合8位)で完走を果たした。

 哀川が操ったマシンはトヨタFJクルーザー・ラリーレイド仕様。ラリー序盤ではあわや転倒という場面にも遭いながら、哀川/奴田原組は滑りやすい路面をノーペナルティでクリアしていった。
 そして最終日、哀川は連日の猛暑のなかで体調を崩しながらも気力で最後のステージをクリア。奴田原のナビゲートにも助けられ、見事クラス3位を獲得した。

 アジアクロスカントリーラリーは、タイ・パタヤをスタートし、カンボジア・アンコールワットまでの約1800kmを5日間で走破する。日本人選手も多数エントリーしており、9位までの間に5組が食い込んでいる。

哀川選手のコメント
「完走できてとてもうれしいです。私にとってすべてが未知との挑戦でしたので、非常にタフなラリーでした。しかしFJクルーザーの持つポテンシャルと、優れたスタッフのもと初挑戦で完走をすることができました。応援していただいた、フレックス株式会社、横浜ゴムをはじめとするスポンサーの皆様に心より感謝いたします。ぜひ、来年も挑戦し、今年より上位を狙いたいと思います。皆さんのご声援、ありがとうございました」(TEAM SHOWプレスリリースより)

奴田原選手のコメント
「初めてのクロスカントリーラリーでしたが、とても楽しんで走ることができました。初挑戦の完走は上出来だと思います。応援していただいたスポンサーの皆様にはお礼を申し上げます。今まで、ドライバーとしてラリーに関わってきましたが、コ・ドラの面白さも十分に堪能することができました。哀川選手にとっては厳しいラリーだったと思いますが、日ごとに調子を上げていくのが目に見えて分かるほどでした。相当に上達したのではないでしょうか。来年も挑戦できたらと思います」(TEAM SHOWプレスリリースより)

アジアクロスカントリー2011主要リザルト

順位 ドライバー/コ・ドライバー 出身国 マシン クラス タイム
優勝 ラタポ・ブンチュアルエア/ソムカ・ノイチャード タイ いすゞD-MAX T1D 10:35’54
2位 森川金也/深野昌之 日本 トヨタ・ランドクルーザー80 T1D 10:41’56
3位 青木琢磨/椎根克彦/イタポン・シマラクス 日本/タイ いすゞD-MAX T1D 11:05’19
7位 山本則博/辻本隆志 日本 トヨタFJクルーザー T1G 14:50’49
8位 哀川翔/奴田原文雄 日本 トヨタFJクルーザー T1G 14:51’58
9位 平賀健/佐々木隼人/伊藤芳朗 日本 三菱パジェロ T1D 19:10’23


ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS