WRCスウェーデン:勝田貴元、厳しいコンディションのスウェーデンを総合9位で走破 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:勝田貴元、厳しいコンディションのスウェーデンを総合9位で走破

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、2月13日(木)から16日(日)にかけて、スウェーデンおよびノルウェーで開催された、WRC第2戦ラリースウェーデンに、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共にヤリスWRCで参戦した。雪不足により非常に難しい路面コンディションでの戦いとなったこのラリーに勝田は初めてWRカーで挑み、多くの経験を積み総合9位で完走した。
(以下、チームリリース抜粋)


ラリー・スウェーデンはシーズン唯一のフルスノーイベントであり、通常は雪やアイスに覆われた森林地帯の道で超高速バトルが繰り広げられます。しかし、今年は暖かい日が続き、路面に雪と氷がまったくないステージも多くありました。そのため、ラリーの主催者は一部のステージを事前にキャンセルし、本来よりも大幅に短くなったルートでラリーは行なわれました。

しかし、実施されたステージも雪やアイスが決して多いとはいえず、グラベル(未舗装路)が完全に露出する区間も少なくありませんでした。そのような路面では、雪道専用に開発された特殊なスタッド(=スパイク)タイヤは、表面に埋め込まれた金属製のスタッドが抜けやすくなり、いかにタイヤを上手くマネージできるかが、大きな鍵を握りました。

木曜日に行なわれたシェイクダウンの路面は全面が凍ったグラベルで、翌日のデイ1は気温がマイナスになり、完全にアイスで覆われた路面も多くありました。勝田は過去、2018年にラリー・スウェーデンのWRC 2カテゴリーにR5カーで出場し、優勝するなど本来スノーラリーを得意としています。また、昨年はヤリスWRCでフィンランド国内ラリー選手権に挑み、非常に雪が多いコンディションで優勝しました。しかし、今回のスウェーデンは勝田にとって初めて経験する難しい路面コンディションであり、今までとは違うドライビングスキルが求められました。勝田はトリッキーな路面に戸惑いながらも、安定したペースでステージを重ね、デイ1を総合9位で走破。デイ2のステージは、デイ1と完全に同じでしたが、早朝は雪が少し積もり、気温も高くなるなどした結果、路面コンディションは大きく変わりました。そのデイ2のステージに、勝田は不利な1番手で出走。雪に覆われて滑りやすくなった路面に苦労しながらも、全体的にペースはデイ1よりも向上し、デイ2の最後に設けられたショートステージでは、非常にトリッキーなコンディションながら5番手タイムを記録しました。そして、強い雨に見舞われた最終日のステージも堅実に走行。大きなミスをすることなく3日間を走り切り、総合9位でラリーを終えました。

TOYOTA

勝田貴元
「いつものスウェーデンと違い、今回は路面に雪や氷が少なく路面コンディションが頻繁に変わる、非常にトリッキーなラリーでした。デイ1とデイ2でもコンディションは大きく違いましたが、クルマに良いフィーリングを感じることができたので、デイ2ではSSの出走順がトップだったにも関わらず、タイムはかなり向上しました。走りを改善することが出来ましたし、トップの選手達との差も縮まったと思います。良いチームに恵まれ、素晴らしいドライバー達と自分の走行データを比較出来るので、どこでタイムを失い、どこを改善できるのか知ることが可能です。今回も多くを学びましたし、今後に向けて多くの改善点が見つかりました」

ヤルッコ・ミエッティネン(インストラクター)
「スウェーデンでの我々とタカの目標は、スピードを上げ、できる限り速く走ることでした。しかし、今回はコンディションが非常に悪く、ハイスピードで雪に覆われた道を得意とする彼の才能を発揮するのは困難な状況でした。それでも、WRCトップクラスにおけるパフォーマンスは以前よりも向上し、最速ドライバー達との差は1kmあたり1秒以下でした。今回のイベントを経て、トップレベルで戦うためにタカは今後もハードワークを続けることでしょう」

ラリー・スウェーデンの結果
1 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC) 1h11m43.1s
2 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +12.7s
3 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ ヤリス WRC) +20.2s
4 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (トヨタ ヤリス WRC) +23.6s
5 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (フォード フィエスタ WRC) +32.4s
6 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +33.8s
7 クレイグ・ブリーン/ポール・ネーグル (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +1m00.9s
8 テーム・スニネン/ヤルモ・レーティネン (フォード フィエスタ WRC) +1m24.5s
9 勝田 貴元/ダニエル・バリット (トヨタ ヤリスWRC) +1m59.6s

TOYOTA

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!