Mスポーツ・フォードが新カラーリングを公開、デルクールのコスワースからインスパイア – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ・フォードが新カラーリングを公開、デルクールのコスワースからインスパイア

©M-SPORT

Mスポーツ・フォードは、2020年のWRCに参戦するフォード・フィエスタWRCのデザインを発表した。デザインを担当したのはグラフィック・デザイナー、フィル・ディクソン。2020年のカラーリングは、1990年代中盤の印刷デザインにインスパイアされたモダン−レトロがテーマ。若返りを図ったチームのドライバーズラインナップに合わせ、将来を見据えていることをイメージしたという。

白を多く使ったカラーリングは、ブルーとグリーンでハイライトを加えることで、フォードとの連携とカストロールからの支援が拡大したことを示す。これまでのパートナーであるMS‑RT、Michelin、Sparco、OZ Racing、NGK、 Lazer、Stilo、Acronis、Endless、Audes、Eibach、SWPのバナーもデザインに盛り込まれている。この広報写真は、昨年秋に完成したMスポーツの評価センターで撮影。2.5kmのテストコースを備えたノーザン・デベロップメンツには、10,723平米の施設に専門家を集約させた。

デザインを担当したディクソンは「最初にインスパイアを受けたのは、フランソワ・デルクールの1995年のフォード・エスコートRSコスワースだ」とカラーリングの由来を語った。
「白いマシンは時代を問わずに人気があるし、カストロールからの支援が拡大したことを受けその色を取り込んだ。基本的には、全体的なデザインは1990年代の序盤〜中盤を意識している。いま、その頃の色使いやファッションがとても流行しているので、その手法で今のトレンドにも合うような何かを創りたいと思っていた」

チーム代表のリチャード・ミルナーは、「フィルは本当に才能のあるデザイナーなので、毎年のように彼のデザインの人気が高まることには、まったく驚かない。今年は、実にモダンで革新的ななかにノスタルジックな雰囲気を盛り込んでいる。自分のお気に入りのひとつだね!」とコメント。
「フォードとの関係や、カストロールからの支援が高まったことがうまく表現されている。これまでのパートナーも誇らしげに掲げられており、近くで見るとさらにいいデザインだ。多くのみなさんに、林道やサービスパークでこのカラーリングを直に見てもらえるとうれしい」

Mスポーツのマネージング・ディレクター、マルコム・ウィルソンも、次のように称賛する。
「ラリーファンのみなさんと同様、私も新しいカラーリングを見るのを楽しみにしていたし、今年もチームは素晴らしい作品を作り出してくれたと言いたい。ラリーは我々のビジネスの中心であり、私たちはどこまでも誇らしいチームを作り上げた。しかし、それを継続していきたいなら、多様化させていくことも重要。Mスポーツ評価センターがまさにそれだ。

ノーザン・デベロップメンツでも素晴らしい成長を遂げることができ、モータースポーツや量産車のセクションから集まった産業のトップたちが、デザインから製作までコンセプトを一貫するために必要なものがそろった、素晴らしい施設を作り上げた。Mスポーツには、何か特別なものがあると心から信じているし、この新しい開発は、エンジニアリングの粋を集めた独特のセンターであるドベンバイホールでしか作り上げることはできない」

M-SPORT


M-SPORT

ラリプラメンバーズ2020