横浜ゴムのジオランダーを装着したKORANDO DKRがダカールに参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

横浜ゴムのジオランダーを装着したKORANDO DKRがダカールに参戦

©YOKOHAMA

横浜ゴムは、2020年1月5〜17日にサウジアラビアで開催されるダカールラリー2020に、SSANGYONG MOTORSPORT/SODICARS RACINGが同社のSUV・ピックアップトラック用タイヤ「GEOLANDAR M/T G003」を装着したKORANDO DKRで、T1.3カテゴリーに参戦することを発表した。クルーは、オスカー・フエルテス・アルダノンド/ディエゴ・バレホ組が務める。
(以下、同社発表リリース)


横浜ゴム(株)のSUV・ピックアップトラック用タイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」装着車が2020年1月5日〜17日にサウジアラビアで開催されるダカールラリー2020に参戦します。参戦するのは「SSANGYONG MOTORSPORT/ SODICARS RACING」のOSCAR FUERTES ALDANONDO選手/DIEGO VALLEJO選手が駆る「KORANDO DKR」で、2019年1月にペルーで行われたダカールラリーでは二輪駆動のガソリン車で競われるT1.3カテゴリーで3位を獲得しています。今回もT1.3カテゴリーで参戦します。

ダカールラリーは近年、南米大陸で行われてきましたが2020年からは舞台をサウジアラビアに移して大部分が砂漠の中、国土の全域を使って全12ステージで行われます。1月5日にJeddahからスタートし17日にQiddiyaでゴールする総走行距離7,500Km以上で競われます。

「GEOLANDAR M/T G003」はオフロードユーザー向けの商品で、マッド、ロック、ダート、砂利などあらゆる路面でのオフロード性能を追求するとともに、耐久性・耐摩耗性の向上による優れたロングライフ性能を追求しています。またオフロード感を強調したデザイン性にこだわり、オフロード走行やドレスアップを楽しむユーザーニーズを満たす、より逞しくアグレッシブなイメージを実現しています。モータースポーツにおいても「GEOLANDAR M/T G003」装着車が2018年にグアムで行われたスプリント耐久オフロードレース「APL SMOKIN’ WHEELS 2018」で優勝するなど優れた性能が実証されています。

横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略においてモータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、フォーミュラやツーリングカーからラリーやオフロード、カートまで国内外の多岐にわたるレースに参戦しています。



ワールドラリーカレンダー2020