WRCフィンランド:スニネン「フィンランド人としてここを速く走れないのは辛い」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:スニネン「フィンランド人としてここを速く走れないのは辛い」デイ2コメント集 

©M-Sport

ラリーフィンランド、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。エースのエルフィン・エバンス、スポット起用のヘイデン・パッドンが立て続けに欠場となり崖っぷちのMスポーツ・フォード。選手権ポイント獲得の期待をほぼひとりで背負うかたちで母国戦に挑んだスニネンだったが、調子の上がらない初日に悔しさをにじませた。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRC


「本当にいい一日だった。2本くらいタイムが少し落ちたところはあったが、基本的にはいいパフォーマンスを出すことができた。本当にタイトな争いになっていてプレッシャーもすごく受けているので、速さを維持してどこか変えられるところはないかと試している。そんな中でもミスをせずに終えられてうれしいよ。明日は、新しいセクションがあるし、道の基本的な性質も少し違ってクレストやジャンプも増えるので、午前のループが重要になると思う」

■クリス・ミーク/総合2位

Toyota Gazoo Racing WRC


「いい一日だったし、本当に楽しめた。フィンランドではいいスタートを切って上位グループに食い込むことがとても重要。今日の午前はそれができた。1回目の走行ではステージとペースノートが新しかったので、知識を得た後の午後はもっと落ち着いていけたと思う。2回目のループでは砂利履きが増えたように思うが、自分の走行順の中では最大限のことができたと思う。トップ4の差は小さいので、明日、どのような展開になるのかワクワクするね」

■オィット・タナック/総合4位

Toyota Gazoo Racing WRC


「基本的には、一日を終えてかなりいい気分。先頭走行でこのコンディションを走るのはチャレンジングだったが、午前中は最初から思い切り良く走れたし、マシンの動きはよかったのでドライビングに集中できた。午後はコンディションが格段にタフになり、ハードにプッシュしても順位が落ちてしまったので少し悔しい。でも、まだ僅差だし明日は自分たちの走行順は今日よりもよくなるので、まだどうにでもなる」

[シトロエン・トタルWRT]
シトロエンC3 WRC

■エサペッカ・ラッピ/総合3位
「また上位争いに食い込めてよかったし、特にこのラリーでこのペースが出せているのは、フィンランド人としてとても大きな意味を持つよ。今日のC3 WRCはパーフェクト。本当に走りを楽しめた。この長い一日を終えて、差がこんなに小さいなんて信じられない。明日、上位争いは激しい戦いになりそうだが、自分たちも戦い続けることを期待してもらっていいよ」

Red Bull


■セバスチャン・オジエ/総合7位
「いい一日だったと思う。C3 WRCは走りやすかったが、自分たちの走行順では状況は楽にはならなかった。初日を終えた段階でもっと上の順位につけて走行順を後ろにしたかったが、少なくとも今日より前に走るマシンの数は多い。それでも、とてもタイトな戦いになっているので、できる限りプッシュを続けなくてはならない。自分たちも、まだ大量ポイントを獲得できる争いに残っているからね」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■クレイグ・ブリーン/総合5位

Hyundai Motorsport GmbH


「信じられない一日だったし、想像よりもうまく行った。WRCで戦うのは久しぶりだったので、世界のトップにいる気分だった。ベストタイムを出せるまでには完全には満足できないが、一日が進むごとにマシンの自信をつかみ、自分の中ではそれがバトルのうちの半分だった。自分の目標は最大限のかたちでチームをサポートすること、リスクは負わない。ヒュンダイi20クーペWRCは、これまで自分がドライブした中でたぶん一番いいマシン。このフィンランドでそのマシンに乗る機会を得たことは、本当に特別なものだ。タイムはものすごく僅差になっている。たった1秒で大きな差が生まれてしまうのは、WRCのレベルの高さをまさに示している。明日が待ち切れないよ」

■アンドレアス・ミケルセン/総合6位

Hyundai Motorsport GmbH


「かなりいい一日だったし、内容には満足。午前のループはクリーンで、タイムは信じられないくらい僅差だった。午後は少し勢いを高めようと思い、ステージウインも獲れた。マシンでのフィーリングは本当によく、ドライビングを心から楽しめた。以前はこうした高速グラベルでは苦戦していたので、自分たちの作業が正しい方向に進んでいることを感じられてよかった。この課題に必死で取り組んできたヒュンダイ・モータースポーツのみんなに感謝したい」

■ティエリー・ヌービル/総合8位

Hyundai Motorsport GmbH


「とてもポジティブなイメージでこのラリーをスタートしたし、木曜日の夜はステージウインも獲れた。残念ながら、金曜日は同じことができなかった。マシンでのフィーリング自体はそう悪くはなく一日をとおしてハードにプッシュを続けたが、もっといいタイムが出るべきだった。色々なことを試したが、何かが噛み合わなかった。まだ先は長いので、全力を尽くし続ける」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■テーム・スニネン/総合9位
「フィンランドで速く走れないのはフィンランド人として本当にキツイし、とても残念な一日になってしまった。ドライビングのフィーリングはよかったが、ペースをつかむのに苦戦した。過去には、同じマシンに乗っているオジエやタナックよりもいいタイムを出したことがあるので、自分たちがここを速く走れることは分かっている。でも、今回は何かが欠けている。自分たちの宿題をこなして、もっと速く走れるようにしたい」

■ガス・グリーンスミス/総合10位

Naoki Kobayashi


「今日が楽しくなかったなんて言えない。アメージングだったよ。でも、自分たちはここの巨大なジャンプと同じくらい、高い壁を乗り越えようとしているところ。言うまでもなく午前は滑り出しは慎重になったし、思ったようなタイムは出なかった。午後はチームメイトと、あれこれ試してみた。それはとてもよかったが、上位とはかなり差が大きいようだ。明日も違うことを試してみる。もっとタイムは出るはずだよ」



ワールドラリーカレンダー2020