WRCチリ:ローブ「マシンを理解し始めてきた」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCチリ:ローブ「マシンを理解し始めてきた」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリーチリ、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。選手権リーダーのヌービルがクラッシュアウトと衝撃的な展開を見せた、初開催チリの2日目。マニュファクチャラーズ選手権でも首位を走るヒュンダイの期待を背負うことになったセバスチャン・ローブは、マシンへの手応えを感じ始めたことを明かした。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■オィット・タナック/総合首位(=)

Toyota Gazoo Racing WRC


「今日はタフな1日となり、このように変わりやすい路面コンディションで状況をコントロールするのは非常に難しかった。今日は、どんなことでも起こり得ることを実感した。自分はいいリズムをつかみ続けることに努めたが、最後のステージは雨が降り霧も出て、ハードタイヤで走るのは特にトリッキーだった。でも、それに対応してトラブルなく走り切って、ライバルにまずまずの差をつけて明日を迎えることができた。最初の3本はうまく走れるように集中して、パワーステージでは選手権の状況をよくするためにポイントを獲得したいね」

■クリス・ミーク/総合10位(↓)

Toyota Gazoo Racing WRC


「今日最初のステージを走り始めてまもなく、ジャンクションを右に曲がった直後に低速ロングの左コーナーがあった。自分のペースノートが正確ではなく、膨らんでしまいバンクにヒットしてしまった。低速でのアクシデントだったが、ルーフで止まったので4輪でつくまでにかなりの時間を要してしまった。マシンは問題なく走ったが、フロントガラスを外さなくてはならず、スピードが出ている状態では、ペースノートを聞くのも息をするのも難しかった。それでも、タイムはそう悪くはなかった。午後はよかった。今は、チームのためにポイントを獲得することだけを目指している」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合13位(↓)

Toyota Gazoo Racing WRC


「午前中はいろいろなことが起こった。最初のステージでは、アクシデントに遭ったクリス(・ミーク)の後ろを走らなくてはならなかったが、その分のタイムを救済してもらったので問題にはならなかった。3本目ではタイヤが既に摩耗してしまっていたが、それでも2位争いにつけていた。午後は、ステージにセッティングがあまり合っていなかったようで、昨日ほどのいいフィーリングを得られなかった。最後のステージでディッチにあった石にヒットし、左フロントにダメージを負ってドライブシャフトが破損したので、走行を続けることができなかった。ここまで、いい戦いができていたので本当に残念だが、絶対にあきらめない」

[シトロエン・トタルWRT]
シトロエンC3 WRC

■セバスチャン・オジエ/総合2位(=)

Citroen


「午前はもっといい走りがしたかったが、2ループ目はよくなった。日中サービスで大きな変更を行ったことが大きな要因だが、グリップも自然とよくなった。最後のステージは霧と雨で、少しアンラッキーだった。これで10秒近くをロスすることになった。明日のステージも、今回で一番ナローなステージで難しいようだし、パワーステージはルーズグラベルが多そうだ」

■エサペッカ・ラッピ/総合6位(↑)

Citroen


「距離を重ね、C3 WRCのセッティングを調整したことでマシンでの自信が高まってきて、うれしい。午後のループは午前よりもよくなり、もう少しエンジョイできるようになった。明日も、不必要なリスクは負わず、この流れをキープしていきたい。クリーンで丁寧な走りで、安定感を維持したい」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■セバスチャン・ローブ/総合3位(↑)
「とてもいい一日になったね。最後のステージは、序盤は霧が深くてトリッキーだった。集中を維持しなくてはならなかった。今日のステージでは、i20クーペWRCのフィーリングは素晴らしく、いいリズムをつかんで上位争いができるペースをつかむことができた。このマシンをどのようにドライブするか、求められるタイムを出すための自信をどうつかむか、理解し始めてきた手応えを感じる。自分たちの目標は、この後もチームのためにできる限りポイントを獲得することだ」

■アンドレアス・ミケルセン/総合7位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH


「午前のループは新しいルートを走行することになるのでリスクは一切負いたくなかったから、すごく慎重に走った。集中力を維持して、同時に安全をキープすることに努めた。午後はよくなった。マシンにいいフィーリングを感じられたし、ペースも少しステップアップした。2ループ目では、ドライビングがとても楽しかったよ」

■ティエリー・ヌービル/SS8でラリーリタイア
「一番重要なのは、クラッシュの後でニコラと自分が無事だったこと。ペースノートは、レッキでは明らかに緩く見ていたようだ。マシンが強い衝撃をしっかり吸収してくれたので、ありがたいことに自分たちは大怪我を負うことはなかったが、精密検査のために病院に行った。自分の視点はもう、次のラリーに移っている。チームと一貫して成長を見せてきたし、マシンは速くなっている。もちろんポルトガルには参戦する。昨年、自分たちが勝ったラリーだ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合4位(↑)

Red Bull


「いろいろな意味で悪い一日ではなかったし、今日を終えて4番手につけられてよかった。かなりハードにプッシュしていたが、それでも手を加えなくてはならない場所があり、マシンの自信を最大限につかむのは苦戦した。高速セクションでは、とにかくこれまでのような安定感がなかった。明日のステージは、よりタイトでツイスティだが、もう差がかなり広がっているので、ペース自体をどうこうするチャンスはないと思う。でもプッシュを続けて、何かが起きた時に備える」

■テーム・スニネン/総合5位(↑)

Red Bull


「今日は、より楽しめた。ペースはよくなり、いいタイムを出すこともできた。いま、5位につけているが、明日はエサペッカ(ラッピ)がプッシュを続けてくると思う。とにかく自分自身のこととドライビングに集中して、できる限りいい仕事をするだけだ」



ワールドラリーカレンダー2020